Lifestyle

夏のめまい・頭痛は「熱中症」かも?応急手当と病院へ行くべき目安

 熱中症や火傷レベルの日焼け、得体のしれない虫や海洋生物に刺された、等々。夏は危険がいっぱい。しかも病院が夏季休業!そんな時のお助けBOOKが『湘南ERが教える 大切な人を守るための応急手当』(KADOKAWA)。湘南ERが監修した本書には、50種類以上の応急手当が掲載されています。
熱中症、強度の日焼け、虫刺され、etc 危険だらけの夏を守るER医のおしえとは

写真はイメージです。

専門外がない、ER医って何者?

 ER医とは「EmergencyRoom=緊急外来の診療を専門とする医師」のこと。「専門外がなく、ケガや病気すべての初期治療ができるスペシャルな医師」なのです。24時間365日、患者を受け入れている湘南鎌倉総合病院の救急総合診療科(ER)。救急車の搬送台数は日本トップクラス。本書は湘南ERの4名が自分でできる応急手当をレクチャー。救急車を呼ぶか、病院を受診するか、目安も教えてくれますよ。

めまいに立ちくらみ、それ熱中症かも

専門外がない、ER医って何者?

湘南ERの4名

 夏の危険症状ナンバーワンといえば、熱中症。熱中症とは、具体的にどんな症状なのでしょう。本書からまとめてみました。  熱中症とは、暑い環境に体がうまく適応できずに起こる状態のこと。体内での熱の産生と放散のバランスがくずれて、体温が著しく上昇してしまいます。熱中症の程度を簡潔にあらわしてみましょう。

☆熱中症の程度☆

・軽症(Ⅰ度)……めまい、失神、立ちくらみ、こむら返り(筋肉の硬直) ・中等症(Ⅱ度)……頭痛、吐き気、倦怠感、ぼーっとする(軽い意識障害) ・重症(Ⅲ度)……意識障害、けいれんする、手足の運動障害、高体温、肝機能障害、腎機能障害、血液凝固障害  では、熱中症の疑いがあった場合の応急手当を本書からまとめてみます。
次のページ 
熱中症の応急手当、受信の目安
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ