Love

家のゴミ箱から“謎のオムツ”を発見、彼のアホすぎる浮気の言い訳にドン引き

 交際期間が長くなって、浮気をされた話は世間でもよく耳にします。苦し紛れの言い訳に、怒りや悲しみを通り越して呆れてしまうことも…。  今回お話を聞いた石田理央さん(30歳・仮名)も、彼の驚くべき浮気の言い訳を聞いて一瞬で冷めてしまったそう。

婚約の報告をしに、一人で地元へ帰省

婚約中の彼との同棲生活

写真はイメージです。(以下同じ)

「同棲中だった彼とはすでに婚約していて幸せな毎日を送っていました。交際して2年が経った頃、夏休みを利用して一人で地元の大阪に帰省したんです。友人たちに婚約を報告し、お祝いをしてもらったりと、これから迎える結婚生活が楽しみになっていた時、まさかあんなことになるなんて…」  大好きな彼と結婚目前だった理央さんは、3泊4日の帰省を終えて彼と同棲中の家に帰りました。 「彼は夕飯を作って私の帰りを待っていてくれていました。『入籍日はいつにしようか?』そんな今後の話をしながら普段通りの夜を過ごしていました。結婚式や新婚旅行の話など、2人でいるときはこれからの楽しい未来の話をたくさんしていたんです」

家のゴミ箱に捨てられていたオムツ

家のゴミ箱からオムツが出てきた「翌朝、燃えるゴミの日だったので私がゴミをまとめていたら、子ども用のオムツが中に入っていたんです。もちろん私たちにはまだ子どももいませんし、家に子どもが来たこともありません。意味が分からず、すぐに寝ている彼を起こして問いただしました」  昨日まで地元に帰っていた理央さんは、自分の帰省中に何かあったのではないかと不審に思いすぐに彼を問い詰めます。 「最初は見覚えなのないオムツに混乱しましたが、『浮気』というワードがすぐに頭をよぎりました。私がいない間に誰か家に来たのか聞いても、『誰も来てない』と言うんです」  理央さんは4日間大阪に帰っていた間に、何かあったのだと確信します。
次のページ 
彼の言い訳にア然
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ