Love

彼氏の家のトイレで見た“歯ブラシの墓場”にゾゾッ…そして2人は破局した

友達や彼氏などとの人間関係において、ゾッとした経験をお持ちの人も多いのではないでしょうか。 今回は、「夏の終わりにふと思い出してしまった」と話す女性の、ゾッとしたエピソードをご紹介します。

遠距離でなかなか会えないけど、順調だった交際

北田亜紀さん(仮名・30歳・営業事務)は、2年ほど前に同い年の男性と交際していました。大阪に住む亜紀さんと、福岡に住む彼は遠距離恋愛。会えるのは月に1回ほどでした。
恋愛

写真はイメージです(以下同じ)

彼の優しくて、思いやりがあって、友達想いの明るい部分に惹かれていました。そんな彼なので、こまめに電話やLINEをくれて、遠距離だけど寂しいと思うことはあまりありませんでしたね」 基本的に毎月交代でお互いの家を行き来していたと話します。 「お互い違う県に住んでいるからこそ、会える頻度は少ないですが会う時は毎回旅行気分で、私自身は遠距離恋愛を楽しんでいました」

「男の家ではまず洗面所を見ろ」とそそのかされて

とある日の女子会で、亜紀さん達の女子トークの中で「彼氏の浮気を見抜く方法」が話題に上がりました。 「それまで微塵(みじん)も彼氏の浮気を疑ったことがなかったんです。まめに連絡もくれるし関係に満足していたので。するとある友人が『洗面所周りは女の痕跡があることが多いから要チェック』と、なんだかとても重要そう(?)なことを言ったのです」 確かに、洗面所には化粧落としや美容液、髪どめや歯ブラシなど、目の付け所が満載だと考えた亜紀さん。 彼を疑ってはいなかったものの、次のデートで彼の家に行く時に洗面所をこっそり確認してみることにしたそうです。ほんの軽い気持ちだったと話します。 それが、ゾッとする体験につながるとも知らずに……。
次のページ 
まさかこんなところに……
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ