Lifestyle
Human

80歳の料理研究家、夫の介護しながらお店も経営。パワフルさの秘密って

「『TAKECO1982』のお店を始めたのは、73歳のときです」と語るのは、スパイスブレンダーでスパイス料理研究家の吉山武子さん。お店は久留米にあるスパイス専門店。『80歳のスパイス屋さんが伝えたい人生で大切なこと』(KADOKAWA)は、40歳でスパイスに魅了され、以後スパイスとともに生きてきた、吉山さんの人生のレシピです。  現在80歳の吉山さんは、84歳のご主人を介護しながら、築83年の一軒家に住み、お店を経営しています。元気とバイタリティの秘密はどこにあるのか、本書から紹介していきますね。

経営の楽しさを知ったのは18歳の時

経営の楽しさを知ったのは18歳の時

写真は本書より(以下同じ)

 吉山さんのご実家は和菓子屋さん。18歳になる頃には、お父様が考案したお菓子をデパートで販売するため、売り子をしたことも。「初めて物を売る楽しさを知った」と言いますが、当時、この経験がのちのお店経営につながると誰が想像したでしょう。実家の和菓子屋、そして吉山さんのお兄さんに嫁いだお義姉さん。当時中学生だった吉山さんは、お義姉さんにくっついて料理のお手伝いをしていたそうです。  さらに料理との縁は続きます。花嫁修業と称し、夜間の料理学校に2年間通ったのです。やがてお見合いで現在のご主人と知り合い、23歳で結婚。結婚した先の近所にも料理教室があり、同じ建物に自然食のお店もありました。そこで運命のスパイスカレーに出会うのです。

40代でスパイスの道へ

40代でスパイスの道へ インドのスパイスカレーを食べた衝撃は、「鳥肌が立つほど大感激」。40代でカレー教室を手伝うようになり、スパイスの勉強も開始します。振り返ると吉山さんの周囲にはいつも「おいしさ」がありました。結婚し、子育てをし、ここにきてスパイスという形で結実したのでしょう。スパイスは種類も多く、効能も様々。カレーの教室があると聞けば東京まで出かけ、有名シェフのお店にも出向いたそうです。  やがて尊敬する料理の先生に出会い、7年間勉強。40代のうちに「スパイス料理を教えながらスパイスを販売する」移動教室をひらくまでになるのです。
次のページ 
◯◯歳でお店をつくることに?!
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ