♂&♀

クリスチャン妻、不倫で快楽に目覚め大暴走

上戸彩が不倫妻を演じる『昼顔』(フジ系)や、井浦新が人妻の稲森いずみに恋をする『同窓生』(TBS系)など、「妻の不倫」を題材としたドラマが世間をにぎわせている。しかし、バレればその代償は大きい「不倫」。そのリスクを背負ってまで彼女たちが不倫に踏み込んだ理由とは? 初不倫体験をセキララに告白してくれた。

純潔を守ったクリスチャンが 貞操観念崩壊



●園田麗子さん(仮名)30歳

クリスチャン妻、不倫で快楽に目覚め大暴走 敬虔なクリスチャンの家庭に育ち、律儀に結婚するまで処女を守ってきた麗子さんもその一人だ。25歳のとき、「お見合いサイト」で出会った、物静かでマジメな男性と、交際2年の末に結婚。

「結婚して、夫とのセックスを楽しみにしていたんです。処女だった分、期待が膨らんでいました

 しかし、麗子さんの期待とは裏腹に夫はセックスに対して、消極的な男性だった。

「挿入は正常位ばっかりでいつも機械のように決まりきった行為だけ。『こんなもんなのかな?』と肩すかしを食らった感じでした」

 次第に夫から求めてくることもなくなり、結婚2年目でセックスレスになってしまう。麗子さんは「私に魅力がないせいなのか?」と疑問を持ち、もう一度お見合いサイトに再登録。連絡があった男性と平日昼間に密会した。

「夫以外の男性と関係を持つ状況に『私、いけないことしてる!』と興奮しちゃったんですよね

 初不倫を経て、麗子さんが守ってきた貞操観念は崩れていった。

「彼は激しく求めてくれて『セックスってこんなに気持ちよかったんだ』と一気にセックスに開眼しちゃいました。このとき、初めてフェラやクンニも経験したんです。今では彼以外にも3人のセフレがいます。3Pをすることもあるし、ハプニングバーで初対面の男性ともがんがんヤッてます」

<PHOTO/Edwardgerges>

― フツーの人妻が激白!「私の初不倫」セキララ告白集【5】 ―




あなたにおすすめ