Beauty

セザンヌの新色アイシャドウが素敵!安っぽくならず旬顔になる方法

 美容ライターの遠藤幸子です。数多くのバズりコスメを世に送り出してきたセザンヌから、2022年8月10日に「ベージュトーンアイシャドウ」の新色「03 アンティークベージュ」748円(税込)が発売されました。 セザンヌ 前作は数多くのメディアで、2022年上半期のベストコスメ賞に輝いただけに、今回も大ヒットの予感!実際のところ早くもSNSを中心に、高い人気を集めています。  今回は、新色「03 アンティークベージュ」の魅力はもちろんのこと、大人女子が安っぽくならずに旬顔になるためのメイクのポイントをご紹介します。

新色「03 アンティークベージュ」の魅力を徹底検証!

セザンヌ 前作同様ベージュを基調としているので、肌なじみが抜群であることが最大の魅力。比較的肌のトーンを問わず、使いやすいパレットです。  また、薄づきなのでメイク初心者の方でも失敗しにくいのが嬉しいです。ただ、薄づきの裏を返せば少し発色や質感に物足りなさを感じる可能性があるとも言え、そのあたりはメイクでカバーしたいところです。  今回注目したいのは、締め色のボルドーがかったブラウン。くすみがちな大人の目元に血色感を与え、品よく色っぽい眼差しに仕上がります。

パールやラメの粒子が細かく、上品な輝きを放つ

 早速スウォッチを披露します! セザンヌ セザンヌ 質感は、パール、ラメ、マットの3種類です。 ① は輝きを放つラメカラー。 ② は肌を明るく美しく整えるシアーなベースカラーでパール入り。 ③ はラインのように入れて引き締めるカラーでパール入り。 ④ はマットな質感のカラーで、陰影を作ります。  プチプラアイシャドウの中には、パールやラメの粒子が大きく、輝きが安っぽいものがありますが、ご覧の通りパールやラメの粒子が細かく、上品な輝きを放ちます。  また、保湿成分として「スクワラン」や「ホホバ種子油」を配合しているので、粉質が比較的しっとりとしていて、まぶたに密着しやすいのも魅力のひとつです。
次のページ 
大人女子が安っぽくならずに旬顔になるためのメイクのポイント
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ