Beauty

40代で見直すファンデーションの色選び、“似合う色”を選ぶのはNG

 肌のくすみ、たるみ、シミ、シワ。40代になってしのびよる老化現象。ピンポイントに対処すれば一気に若返るって、知っていましたか。『40代からの透明感のつくり方』(あさ出版)には、透明感を演出する秘訣が満載。
40代で見直すファンデーションの色選び、“似合う色”を選ぶのはNG

写真はイメージです。(以下同じ)

 著者でイメージコンサルタントの吉村直子さんは、自身が主宰した「グロリアス・プログラム」にて、数多の女性のヘアメイク、ファッションを指導してきました。結果、仕事の成功や結婚成立など、人生のステージアップがのぞめたのです。イメージの変化によって自信がつき、魅力が輝きだしたのでしょう。  本書によると透明感とは、「明るくみずみずしく濁りのない状態」。つまり、「年齢も、肌の色も、流行も関係なし!」。そう、誰でも、今からでも取り戻せるのです。

透明感のある肌の色とは

 ひとことで透明感と言っても、どんな色を選べばいいのかわかりませんよね。具体的には「水分を含んだ色」「みずみずしさを感じられる色」です。もっとわかりやすくいうと、「海の青」と「空の青」です。  青色をメイクに活用するって、正直敷居が高いし似合わなそう、そんな不安がありませんか。特にパーソナルカラー診断をした方、似合う色を熟知している方は要注意と本書。現時点の顔=老け顔で診断したのですから、それは老け顔に似合う色ということ。ここは勇気をもって心機一転、青を取り入れてみようじゃありませんか。

透明感をつくるファンデーションの選び方

透明感をつくるファンデーションの選び方 透明感の基本は、なんといっても肌。歳を重ねるとなおのこと、顔の造作よりも肌の質感でその人の印象が決まります。老け顔の原因は様々ありますが、肌に及ぼす色の影響は、黄色と黒。「水分が減った肌には、黄色と黒が出てくるようになる」と本書がいうように、制するべきは、黄色と黒、中でも濃くなっていく黄色です。  ファンデーションを選ぶ時、黄色人種である私達はまずオークル系に飛びつきますよね。本書いわく「くすみやシミが気になる年代の方がつけると、同化現象によりもっと黄みが目立ち、くすみが強調されます」。確かに、まっさらな部分はオークル系のファンデーションできれいになりますが、くすみやシミの部分は悪目立ちするように思います。厚塗りしても一向に納得いかない仕上がりは、初歩的な誤りにあったのです。  透明感に導くファンデーションは、明るめのピンク系。「ファンデーションは肌を補正するためのもの。自分の肌の色に合うものではなく、理想の肌に近づける色を選ぶようにしましょう」。なかでもリキッドタイプやクリームタイプがオススメ。みずみずしさがさらに際立ちますよ。
次のページ 
実年齢より老けて見えるNGカラー
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ