Lifestyle

ダイソーの“謎の形”をしたハンガー、使ってみたらメチャ便利だった

 涼しくなってくるとパーカーの出番が増えてきますが、洗濯物を取り込む際に「フード裏がまだ湿ってる!!!」とモヤッとした経験はないでしょうか。  秋冬になるにつれ洗濯物の乾きが悪くなり、フード裏や、ハイネックの首元など生地が重なっている部分はとても乾きにくく、ストレスを感じます。 「パーカーのフード裏が乾かない問題」をたった110円で解消! 専用の商品を目にしても購入を見送ってきたのですが、ダイソーの「フード&ハイネックハンガー」を使ってみて「もっと早く買うべきだった!」と便利さに感動しました。

普通のハンガーと組み合わせて使う

「フード&ハイネックハンガー」(税込110円) ダイソーで販売されている「フード&ハイネックハンガー」(税込110円)は、ハンガーのアーム部分にフードをかぶせたり、ハイネックの首元をクリップに挟むことで、圧倒的に乾きやすくしてくれる便利商品です。3箇所のフックで子供サイズから大人サイズの衣類まで対応でき、手持ちのハンガーと組み合せて使うようになっています。

パーカーを干してみた!

 袋から出すと「フード&ハイネックハンガー」の下部のアームが折りたたまれた状態なので、アームを「カチッ」と音が鳴るまで後ろ側に立ち上げます。
アームを後ろ側に立ち上げる

アームを後ろ側に立ち上げる

 普段通りハンガーにパーカーを掛けて、フック部分に「フード&ハイネックハンガー」を引っ掛けます。フックが3つあるので、フックの位置を変えれば、衣類のサイズを問わず使用できるのが嬉しいです。
ハンガー同士を引っ掛けて使う

ハンガー同士を引っ掛けて使う

 最初に立ち上げたアームにフードをかぶせて干すことで、フード裏の通気性がよくなり、まるで人がフードをかぶっているようなシルエットで干すことができます
フード裏までしっかり乾かせる

フード裏までしっかり乾かせる

次のページ 
ハンガーありなしで乾くまでに3時間差
1
2
Cxense Recommend widget
あなたにおすすめ