Love

実はモテる?ハイスペ“女性”。東大卒の男性に聞いた「おススメの出会い方」

マッチングアプリが大ブームですが、アプリではなかなか結婚につながる出会いがなく結婚相談所に入会する人も増えています。入会検討中の方は無料で相談することもできるのですが、結婚相談所の無料相談会はどんな流れなのでしょうか。
電話をかけるキャリアウーマン

写真はイメージです(以下同じ)

美紀さん(仮名・34歳・有名大学卒・年収700万円)の事例をご紹介します。

「家庭的な女性」に当てはめることをサポートと呼ぶ結婚相談所

「30代で年収500万円以上で一都三県在住の大卒・禁煙男性はこれだけ在籍していらっしゃいます。その中で、お客様の条件の女性を希望する男性は6,700人いらっしゃいますよ」 結婚相談所の女性はパソコンを操作しながら、画面を見せてくれました。 「6,700人もいるのなら、一人ぐらい両思いになれる男性に出会えるだろう」と思い、美紀さんは会員8万人いるという結婚相談所に入会します。手厚いサポートをウリにしており、入会金10万円以上、月会費1万5千円ほどでした。マッチングアプリより何倍もする値段とプロのアドバイスがあることから期待は膨らみます。 相談する女性女性は年収非公開が一般的です」と言われて年収は非公開で、相談所が作成した紹介文には「料理が得意で家庭的な女性」と書かれていました。 しかし、登録後に申し込みが来たのは年上の40代男性ばかりです。結婚相談所の仲人にアドバイスを求めたところ「もう少し年齢の幅を広げてみては」と言われました。終始、仲人側から提案やアドバイスをしてくれることはなく、質問をすれば答えてくれる程度だったそうです。

「良い出会いがあるって言ったのに…」相談所への不満

「ほとんどの結婚相談所は、会員女性を『結婚相談所が考える理想の女性像』に当てはめることを『サポート』と呼んでいる傾向があります」 そう指摘するのは、アメブロ公式トップブロガー&大手企業勤務で30代キャリア女性向けスピード婚コンサルタントをしている花凛さんです。 花凛さんは33~35歳であった2017~2019年に婚活をしていました。2018年後半から2つの結婚相談所に入会して活動していましたが、結局マッチングアプリで出会った男性と7カ月後に結婚したのです。 多くの結婚相談所は「マッチングアプリより結婚相談所の方が良い出会いがある」と主張することが多いのですが、花凛さんのところへ相談に来る女性たちは、結婚相談所に不満を持つ女性が多いといいます。
次のページ 
清楚で家庭的な女性像に無理やり当てはめる
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ