Love

Vol.23-1 新婚なのに接触拒否…12歳下の腐女子と結婚した男性の「地獄の結婚生活」

ぼくたちの離婚 Vol.23「結婚してる私」でありたい 前編】  書籍化・コミック化も果たした人気ルポ連載「ぼくたちの離婚」。これまであまり語られてこなかった「男性側の視点から見た離婚」をライターの稲田豊史さんが取材しました。 ※以下、稲田さんの寄稿。  日本人の30人に1人は何らかの精神疾患を患っており、生涯を通して5人に1人は“こころの病気”にかかるといわれている(厚生労働省のHPより)。芸能人などが自らの体験を告白する機会も増え、精神疾患に対する理解も徐々に深まっているが、当事者の身近にいるパートナーや家族の苦悩に光が当てられる機会はまだ少ない。今回、結婚前からパートナーの言動に振り回され続けた司法書士の定岡洋平さん(仮名/46歳)のケースを紹介したい。

12歳下の「ガチガチの腐女子」

 定岡さんが12歳年下の元妻・凛子さん(仮名)と出会ったのは、10年前に参加したあるオフ会の場。定岡さんの言葉を借りるなら、凛子さんは「ぜんぜん有名ではない声優」だった。当時、定岡さん36歳、凛子さん24歳。 「専門学校の声優科を卒業して、事務所の預かり所属を経て正所属にはなってはいたものの、たいした仕事は入らないので派遣社員として働いていました。趣味はBL系のコンテンツ漁りとネットゲーム。まあ、ガチガチの腐女子です」  現在の凛子さんは声優業を廃業しているとのこと。SNSに自撮り写真をアップしているというので見せてもらうと、タレント並みの容姿だった。定岡さんは「盛っている」と言うが、それでもかなりのもの。スレンダー、黒髪ロング、ややゴスが入ったファッション、欧米風の顔つきに目を引かれるが、定岡さんいわく「両親はともに日本人」だそうだ。
※写真はイメージです

※写真はイメージです(以下同)

「知り合ってからしばらくは、オフ会仲間数人の集まりで会うだけの関係でした。1対1のやり取りと言えば、LINEでときどき趣味話をする程度。僕は腐女子の女友達が多くてBLコンテンツにはある程度通じていましたから、わりとディープな会話ができたんです。プレイしているネットゲームも同じでしたし」

正直、タイプではなかった

 ごくたまに、eスポーツの大会やアニメ関係のイベント帰りに2人でお茶をする程度のことはあったが、それどまり。そのまま3年ほどが過ぎた、ある日のこと。 「LINEで話があると言われ、指定された店に行くと『私と付き合ってみない?』と言われました。12歳も歳下ですし、3年間もそんな素振りがなかったので、そういう可能性はないものと思っていたんですが……」  定岡さんは凛子さんの申し出を承諾した。定岡さんはずっと凛子さんと付き合いたかったのだろうか? そう聞くと、意外にも否定された。 「正直、外見は好みのタイプではなかったです。家族愛、みたいなものでしょうか
次のページ 
まるで不機嫌のかたまり
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ