Entertainment

窪田正孝の“最高のポテンシャル”が拝める…!『マイ・ブロークン・マリコ』でみせた魅力

『マイ・ブロークン・マリコ』が9月30日より公開されている。本作は平庫ワカによる同名漫画の映画化作品。亡くなった親友の遺骨を強奪し、ある場所へ旅に出る女性の物語が、85分というタイトな上映時間で綴られている。
(C)2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

(C)2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

 主演の永野芽郁が後述する、良い意味で極端でもある役を熱演していることも見所。そして、ここでは何よりも窪田正孝を推したい。表面的には地味にも思える役柄ながら、窪田正孝の存在感とポテンシャルを最大限に生かした、いちばん好きなタイプの窪田正孝を具現化したような、記憶に強く残るキャラクターを演じていたからだ。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

とてもいいヤツで、かつ複雑な役

(C)2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会 今回の窪田正孝が演じる、主人公が旅の道中で出会うマキオという青年は、初めこそヒゲが無造作に生えていて、少し伏し目がちで暗いオーラを常に放っている、下世話な言い方ではあるが「陰キャ」まっしぐらなキャラクターにも思える。だが、とある困った状況に置かれた主人公のために、荷物が盗まれないようにずっと待ってくれたりもする、端的に言ってとてもいいヤツだとすぐにわかるのだ。  その様は、ドラマおよび映画『HiGH&LOW』シリーズや映画『初恋』(2020)における、不良性と優しさを持ち合わせている役にも少し似ている。それ以上に、不器用に思えるからこその親しみやすさがある一方で、どこか影を感じさせ近寄り難い印象もある(実際に彼にはある暗い過去がある)。  さらに、表面的には厭世的でぶっきらぼうにも思えるが、実は言動そのものは真摯というギャップもある。窪田正孝は独特の色気を放ちながらも、そのようにあらゆる面でアンビバレント(相反することが同居している)で複雑な役柄を、極めて自然かつ見事に演じ切っており、もう惚れ惚れとするほどだったのだ。

ちゃんと傷ついた人の、説得力のある言葉

(C)2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会 タナダユキ監督も、マキオが原作からとても好きなキャラクターだと語っており、彼を演じた窪田正孝を「ちゃんと傷つき、それでも生きてきた人だからこそ言える言葉を、マキオとして確かに紡げる人だった」と絶賛している。 『ふがいない僕は空を見た』(2012)と『ロマンス』(2015)でも窪田正孝とタッグを組んでいたタナダ監督は、今回の久しぶりの撮影で「普段は気さくなにーちゃんだけど、芝居に関してはいつだって自分のことを疑える、真摯な姿は昔とまったく変わらなかった」という印象も持ったそうだ。その変わらない生真面目さが窪田正孝というその人にあるからこそ、深く傷ついたことのある、朴訥(ぼくとつ)で繊細な役を、説得力をもって演じることができたのだろうと納得できた。  その窪田正孝演じるマキオは終盤で、「喪失感」を抱えた人にとって、福音となるかもしれない、優しい言葉を投げかけてくれる。「友人を見送ったことがある」タナダ監督自身も、その言葉に救われた思いがしたのだそうだ。その役に、これ以上なく真摯に向き合った窪田正孝が口にするからこその、真実味と優しさが溢れた言葉を、ぜひ噛み締めてほしい。
次のページ 
永野芽郁はガラの悪い役にも合う
1
2
3
Cxense Recommend widget
あなたにおすすめ