Love

「離婚しろ!」義両親に元ヤンなのがバレて大ピンチ、実母の言葉に救われた

 誰にでも、内緒にしておきたい過去のひとつやふたつ、ありますよね。でも「バレたところで過去は過去だから…」と考えている人もいるはず。
元ヤンの私、補導歴がバレて離婚の危機に…実母の言葉に救われた

写真はイメージです。(以下同じ)

 今回は元ヤンだった過去がバレ、離婚問題にまで発展してしまったという驚きのエピソードをご紹介します。

中学生の頃から非行を繰り返し補導

「いくら更生したとはいえ良く思わない人も中にはいるんですよね」  そう話してくれたのは、結婚して2年目の中島萌香さん(仮名・31歳)。妊娠中の大きなおなかを抱える萌香さんはとても幸せそうに見えますが、以前思わぬところから元ヤンだった過去がバレ、散々な目に遭ったといいます。 中学生の頃から非行を繰り返し補導「中学生のころからしょっちゅう補導されていました。飲酒・喫煙・深夜徘徊…何度も警察のお世話になって、そのたびに母親と大喧嘩。高校は途中で辞めました」  たった半年しか袖を通さなかった制服を、萌香さんは親に無断で売り飛ばしてしまったんだとか。売ったお金は娯楽に消えてしまったと、苦笑いで話してくれました。

リビングで泣く母親

「リビングで泣く母親を見てもちっとも心に響かなかった。友達と深夜に原付で走り回る方が楽しかったし、泣く母親の機嫌を取るなんてまっぴらごめんです。父親にも散々怒られたけど、終始うざって思ってました」  そんなある日、萌香さんの心に変化が生まれます。
次のページ 
非行を辞めた意外な理由
1
2
3
4
5
6
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ