Entertainment

『ご近所物語』は3位!好きな「矢沢あいの漫画」ベスト10。意外な4位と、堂々1位は?

 恋愛漫画の名作『天使なんかじゃない』をはじめ、『ご近所物語』、『Paradise Kiss』、そして社会現象を起こした『NANA』など、数多くの人気作品を生みだした漫画家・矢沢あい氏。今夏から全国を巡回しながら開催中の「ALL TIME BEST 矢沢あい展」が、各地で大盛況です。
「ALL TIME BEST 矢沢あい展」

「ALL TIME BEST 矢沢あい展」(画像はリリースより)

 今の30~40代を中心に、多くの女性が夢中になった矢沢あいの漫画。作品自体が青春の1ページとなっている方も多いのではないでしょうか。その圧倒的な表現力と心理描写は、少女漫画史の中でも唯一無二と言われています。  そこで今回は、全国の30~40代女性に「矢沢あいの漫画の中で好きな作品」についてアンケートを取りました(※)。あなたのお気に入りの作品は何位に? ========== Q. 矢沢あいの漫画の中で、好きな作品は?(複数回答可)。 10位 エスケープ 4% 同率8位 下弦の月 5.50% 同率8位 ラブレター 5.50% 同率6位 バラードまでそばにいて 8% 同率6位 風になれ! 8% ==========

10位 『エスケープ』、同率8位『下弦の月』『ラブレター』

 10位には『エスケープ』がランクイン。1986年の作品で、学校にも家にも居場所がないと感じる高校生・佐藤薫を主人公に、悩み多き少女が大人になっていく姿を描いています。『エスケープ』を表題作とした単行本は、10代特有のリアルな青春模様を綴った短編集。  同率8位には、2作がランクイン。まずは1998年~1999年に「りぼん」で連載された『下弦の月』。居心地の悪い家を飛び出した女子高生・美月は、ギターを奏でる不思議な男性・アダムと出会います。幻想的でダークな世界観が印象的で、ページをめくる手が止まらないミステリー要素も満載の物語です。
LOVELETTER

『ラブレター』(集英社)

 そして、1986年~1987年に「りぼん」で連載された『ラブレター』。数学の武田先生に恋する中学生・星野ひとみを主人公にした、切なくもかわいいストーリーです。友達と、ハラハラキュンキュンしながら読んでいた方もいるのでは?

同率6位『バラードまでそばにいて』『風になれ!』

 6位も同率で2作品がランクイン。まずは『バラードまでそばにいて』。勉強の苦手な中学生・野村広美が、“おバカ仲間”の宮本が歌手デビューしたことに触発され、アイドルを目指すようになるというお話。純粋な女の子たちと硬派な男の子という、矢沢あい作品らしいキャラの魅力に溢れています。  続いては、陸上を通じて成長していく中学生、由紀を主人公にした『風になれ!』。球拾いばかりの退屈なテニス部生活を過ごしていた中学生の由紀が、ひょんな事から知り合った高等部の名古屋秀樹に才能を見出され、陸上部へ入るというスポーツ青春ものです。
次のページ 
5~4位は? 「マリブル」もランクイン!
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ