Gourmet

ハーゲンダッツの期間限定ミント味が、水色じゃない理由

 コンビニアイス評論家のアイスマン福留です。

 今回は、ハーゲンダッツ ミニカップシリーズの新作フレーバーをご紹介!

 「ハーゲンダッツ ショコラミント」。期間限定の商品です。

 遂に、ハーゲンダッツミニカップシリーズからチョコミントファン待望のチョコミント味が登場。

 パッケージは、清涼感のある爽やかな水色を基調とし、ミントの葉とチョコレートのイメージが描かれています。

ハーゲンダッツ ショコラミント(画像1) ちょこっと食べても贅沢な気分が味わえ満足できるミニカップシリーズ。内容量は110ml。

ハーゲンダッツ ショコラミント(画像2) 内ぶたには、ハーゲンダッツのブランドロゴが刻まれています。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=120127

内ぶたのハーゲンダッツ・ロゴ ミントと言えば、パッケージに使われているような清涼感のある水色をイメージする人が多いでしょう。

 しかし、ハーゲンダッツのミントは真っ白! 同シリーズの「クリーミーミント」もそうですが、あえて水色の着色はしていません。

 この白色は、合成着色料を使用せず、主原料もこだわったものだけを使用するというハーゲンダッツのこだわりなのです。

 そう、同社の企業理念は、“Dedicated to Perfection (完璧を目指す)”ですからね!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=120128

バニラアイスのように真っ白なショコラミント(写真1) ミントの爽やかな香りはしますが、見た目はバニラアイスのように真っ白です。

バニラアイスのように真っ白なショコラミント(写真2) ハーゲンダッツならではの脱脂濃縮乳を使用した濃厚なミルクの深いコクが味わい。

 そして、その後を追うように爽やかなミントの風味が押し寄せてきます。

 見た目からは感じられないほどのペパーミントの爽快感。チョコチップはたっぷりと使われています。

 甘さは控えめで、口溶けもよく、ミントアイスとしっかり混じり合い口の中でスッと消えます。

 本格派のチョコレートチップは、濃厚で清涼感のあるミントアイスクリームに負けない上質な味わい。

 なるほど! 本商品には、かわいらしい『チョコミント』という名前よりも、落ち着いた大人の雰囲気を感じさせる『ショコラミント』という名前の方がしっくりときます。

 濃厚なのに清涼感のある爽やかな味わいは、今の季節にぴったり!

 また、甘さ控えめなビターテイストのチョコレートチップとアイスクリームとの相性も抜群。さらに洋酒を使うことで大人の深い味わいに。

 すべての素材を主役級にしてしまう最良のバランスの味づくり。これがハーゲンダッツのすごいところ。

 チョコミントファンの期待を決して裏切ることのない本格派の味わいです。

バニラアイスのように真っ白なショコラミント(写真3) 種類別は、アイスクリーム規格。1カップ(110ml)あたりのカロリーは、272kcal。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=120131

「ミント? 無理無理! あれ歯磨き粉の味じゃん!」と言っている方、いますよねー。そんな、ミントアイスが苦手な人の“デビュー戦”に是非おすすめしたいフレーバーです。

 ミントの爽快感を活かしつつ、上質でマイルドに仕上げたショコラミント。

 プレミアムアイスクリームに特化したハーゲンダッツだからこそ実現できた上質な味わい。

 ハーゲンダッツファン、チョコミントファンの人には見逃せない商品です。

 さあ、今すぐコンビニへ!!!

【アイスマン福留】
年間約1000種類のコンビニアイスを食べ、情報サイト「コンビニアイスマニア」を運営。今まで存在しなかった「アイス評論家」を勝手に名乗り、多くのメディアに取り上げられる。著書に『バカが武器

―アイスマン福留の「コンビニアイスマニア」女子SPA!出張版(24)―

アイスマン福留
年間約1000種類のコンビニアイスを食べ、情報サイト「コンビニアイスマニア」を運営。今まで存在しなかった「アイス評論家」を勝手に名乗り、多くのメディアに取り上げられる。著書に『バカが武器
バカが武器

元気が出て、役に立ち、バカがうつるビジネス書




あなたにおすすめ