Lifestyle

Vol.24 世帯年収2000万超えのパワーカップルが離婚。夫を苦しめ続けた妻の「要求」

ぼくたちの離婚 Vol.24 上級国民の余裕】  書籍化・コミック化も果たした人気ルポ連載「ぼくたちの離婚」。これまであまり語られてこなかった「男性側の視点から見た離婚」をライターの稲田豊史さんが取材しました。 ※以下、稲田さんの寄稿。 夫婦共働きでそれぞれに高収入な「パワーカップル」がここ10年ほどのあいだで増加傾向にあるという(ニッセイ研究所の調査より)。今回話を聞いた東京のTV局に勤める遠山英介さん(仮名/45歳)も、世帯年収2000万超えのパワーカップルだった。「経済的余裕は精神的余裕をもたらす」を信じる遠山さん。なぜ、遠山さん夫婦は離婚に至ってしまったのか。
写真はイメージです

写真はイメージです(以下同)

「超ハイスペ女性」と結婚

 遠山さんが4つ歳下の奈津さん(仮名)と結婚したのは、2011年のこと。当時、遠山さんは34歳、奈津さんは30歳。交際3年、同棲を経ての結婚だった。  取材場所に指定された都内のビストロにやってきた遠山さんは、45歳とは思えないほど若々しい見た目。若作りというよりは、本当に若い。髪は黒々としたツーブロック、体型はスレンダーで贅肉のかけらもない。服も垢抜けている。30歳だと言っても通りそうだ。  遠山さんいわく、奈津さんは超ハイスペ女性だった。 「奈津は某大学の某学部卒なんですが、そこは国内有数の入試難易度が高い学部です。卒業後は某大企業の総合職に就き、その功績から社内で何度も表彰されていました。知識が豊富というだけでなく、とにかく地頭がいい」  遠山さんは遠山さんで、カルチャー全般にわたりオールレンジで博識だ(離婚話に入る前の1時間ほどの雑談で、それがよくわかった)。新しいものに対するアンテナ感度、良い意味でのミーハー気質、留まるところを知らない知的好奇心が、まるで思春期の若者のように瑞々しい。TVマンらしく弁が立ち、言葉数も多い。その遠山さんが言う。 「昔から、頭がいい人のことを単純に素敵だなと思うんです。奈津はその上で話も合うし、会話が刺激的でスリリング。僕の知らないことをたくさん教えてくれました。業界は違うけど共通言語が多かったので、仕事の話もしやすかったです」  なのに、なぜ離婚してしまったのか。  「頭が良すぎたんですぼくたちの離婚 Vol.24

まるで部下に指導する上司

 奈津さんは遠山さんが「覚えていない」ことに異常に腹を立てる人だった。 「何年も前にふたりで行った旅行の話になったとき、往路のサービスエリアで何を食べたかを僕が覚えていないだけで、奈津は超キレました。なんで覚えてないのよって責め立てるんです。そんな昔のこと覚えてないって言うと、『じゃあ、メモしてよ』って」  当の奈津さんは、驚異的な記憶力の持ち主だった。異業種交流会で一度名刺交換しただけの人と数年ぶりに再会しても、顔を一瞥しただけで会社名と名前がさっと出てくる。一度だけ読んだ小説のセリフや一度だけ観た映画のワンシーンも正確に暗唱できる。当然ながら、遠山さんの過去の発言も一言一句正確無比に記憶していた。 「ほとんど『レインマン』のダスティン・ホフマンです。彼女のそういう部分は素直にすごいと思うんですけど、自分と同じレベルの記憶力を僕にも求めてくるのは、本当に勘弁してほしかった」  遠山さんに対して「もっと考えて」と言うのが、奈津さんの口癖だった。 「ふたりで決めることってあるじゃないですか。どの家具を買おうとか、夏休みにどこへ行こうとか、クリスマスにレストランはどこを予約しようとか。こういうのは独断で決めるものじゃないから、僕はまず奈津におうかがいを立てるんですけど、それで毎回怒る。『なぜあなたは自分で考えないの?』って。まず自分で具体的なプランを策定したうえで意見を仰ぎなさい、と」  まるで部下に対する上司の指導だ。
次のページ 
「なんで私が悪夢にうなされるのか、考えて」
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ