Love

“死にかけの元カレ”との三角関係に涙が止まらない…「世にも奇妙な物語」でドラマ化の話題作<漫画>

 ソファでくつろぐ恋人たち。彼女のミカは「アキラと結婚したいなぁ」と彼氏・アキラに話しますが、アキラはテレビの画面を見ながら「そうだなー」と流すばかり。そんな平和な夜、突然ガンガンガンガンッと玄関のドアを叩く音が。  そこにいたのは、ミカの元カレ・西島ジュンを名乗る小さなロボットでした。彼は瀕死の重傷で病院にいながら“脳波だけで遠隔操作できるロボット”を使ってミカに会いに来たというのです。その目的は、人生で唯一本気で愛したミカと、死ぬ前の時間を一緒に過ごすことでした。  こうして元カレとの、不思議な三角関係が始まったのですが――。  Twitter上でも「めちゃくちゃ泣いた」「感動のあまり鳥肌…」などの声が続出している本作『元カレと三角関係』を描いたのは、不思議な世界観の作品をTwitternoteで多数公開しているQuquさん。11月12日(土)放送の「世にも奇妙な物語 ’22秋の特別編」(フジテレビ系)にて、土屋太鳳主演でドラマ化もしています。  Ququさんに、作品が生まれた背景や、読者の反応についてコメントをいただきました。 【関連記事】⇒余命数か月の飼い主へ「ネコが見せたもの」にボロ泣き…ヒトは忘れたけどネコが覚えてること<漫画>
Ququ『元カレと三角関係』1

Ququ『元カレと三角関係』より(以下同じ)

次のページ 
続きを読む
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ