Entertainment

“ロマンス職人”ヨン・ウジンが明かす日本人女性の印象とは? 「謙虚さが素敵だと思っています」

 Netflixドラマ「39歳」や映画『ときめきプリンセス婚活記』などの作品で女性ファンの心を鷲掴みにしてきた“ロマンス職人”ヨン・ウジンさんと、韓国版『ジョゼと虎と魚たち』の繊細な演出と映像美で高い評価を獲得したキム・ジョングァン監督が、『窓辺のテーブル 彼女たちの選択』に続き2度目のタッグを組んだ最新作『夜明けの詩』が11月25日(金)より日本で公開されます。互いに全幅の信頼を寄せ合う二人が女子SPA!インタビューに応じ、本作に込めた熱い思い、国民の妹ことイ・ジウン(IU)の魅力、さらには日本の女性や映画・ドラマに対する印象などを真摯に語ってくれました。
“ロマンス職人”ヨン・ウジン

“ロマンス職人”と呼ばれる俳優・ヨン・ウジン

あらすじ:冬の気配が残る韓国・ソウル。イギリスから7年ぶりに帰国した小説家のチャンソク(ヨン・ウジン)は、時間を失くした女、想い出を燃やす編集者、希望を探す写真家、そして記憶を買うバーテンダーと…心に深い葛藤を抱えながらも人生を歩み続ける4人と出会い、自らも心に仕舞い込んでいた記憶と向き合い始める。

フィクションとノンフィクションの垣根を超える不思議な魅力

映画『夜明けの詩』メイン

映画『夜明けの詩』が、11月25日より日本で公開を果たす。

――本作は一言では表現できない不思議な魅力を持っています。キム・ジョングァン監督はどんな思いを込めてこの映画を制作したのでしょう。 キム・ジョングァン監督:フィクションとノンフィクションの垣根を超えるという大胆な挑戦をした作品と言えますね。生と死、時間、記憶といったテーマを軸にして人生を語る映画にしたいと思いました。実は前作の『窓辺のテーブル 彼女たちの選択』と似ている部分があるのですが、その内容を踏襲しながらも、多くのアレンジを加えています。 ――韓国で劇場公開された際、観客の反応はどんなものだったのでしょう。 キム・ジョングァン監督:映画は、僕にとって友人である観客の皆さんに贈る“手紙”だと思っているので、受け取った方がどんな反応をしてくれるか、毎回、とても楽しみにしています。ただ、韓国で公開された時、コロナ禍が最もひどい状況だったので、派手に舞台挨拶をしたり、観客とトークイベントで対話をしたり、なかなか交流を持つことができず、直接声を聞くことはできませんでした。これからいろんな感想が聞こえてくると思いますが、日本での反応もすごく楽しみにしています。 ――ヨン・ウジンさんにお聞きします、『窓辺のテーブル 彼女たちの選択』に続いてタッグを組んだキム・ジョングァン監督の印象は? ヨン・ウジン:『窓辺のテーブル 彼女たちの選択』の撮影中、一人の人間として生きる姿勢、作品に対する真摯な姿勢、そして役者としての心構えをたくさん学ばせていただきました。僕にとっては、心から信頼できる監督の一人です。

国民の妹・イ・ジウン(IU)は、独自の「話法」を持っている

イ・ジウン/IU

国民の妹ことイ・ジウン/IUが、時間を失くした女という役柄で登場する。

――作品を拝見して、ヨン・ウジンさんとキム・ジョングァン監督は、とても相性がいいなと思いました。是枝裕和監督の『ベイビー・ブローカー』にも出演し、日本でも大人気のイ・ジウン(IU)さんが、ヨン・ウジンさん演じるチャンソクの話相手として登場します。彼女を起用する経緯を、監督にお聞きしたいです。 キム・ジョングァン監督:この映画を撮る前に、Netflixのドラマ「ペルソナ ―仮面の下の素顔―」(エピソード4「夜の散歩」)でご一緒したんですが、その時の撮影が凄く楽しかったんですね。僕が思うに、彼女には独特の“話法”というものがあって、それがとてもユニークなんです。スター性があって、俳優としても、アーティストとしても素晴らしい能力を持っていますが、それに加えて誰にも真似できない彼女独自の個性がある。本作は低予算で実験的な映画ですが、彼女は「新しい何かに挑戦できるチャンス」と捉えてくれたようで、出演を快諾してくれました。そのことについては、とても感謝しています。 ※追記:「あくびをしているイ・ジウン(IU)の顔がチャーミングだ」と伝えたら、キム・ジョングァン監督が「そうそう!」と言わんばかりにサムズアップ(親指を立てるジェスチャー)して共感していた。
次のページ 
ファン・ミーティング後日談”早朝の東京の街を楽しんだ”
1
2
Cxense Recommend widget
『夜明けの詩』
監督:キム・ジョングァン『ジョゼと虎と魚たち』
出演:ヨン・ウジン/イ・ジウン(IU)/キム・サンホ/イ・ジュヨン/ユン・ヘリ
配給:シンカ
11月25日(金)シネマート新宿 ほか全国ロードショー
あなたにおすすめ