Fashion

手袋が呼び起こす暖かな記憶たち。指先を温めると心も温かく…

わたし史上最高のおしゃれになる!』『お金をかけずにシックなおしゃれ』などの著書があるファッションブロガー小林直子さんが、愛用しているアイテムをご紹介します。

20年以上使っている手袋をなくしてしまった

スウェードの手袋

手袋をつけたり外したりしていると、片方なくしてしまうことも
※写真はイメージです(以下同じ)

 それは今年の3月も終わりのころのことでした。まだまだ寒い中、歩いて30分ほどの図書館へ向かおうと、バッグに入れたはずの手袋を取り出そうとしたところ、片方しか見つかりませんでした。  去年の終わりから今年の春にかけて、諸事情により、私は毎日、手袋をして、朝から図書館へ通っていました。図書館に着いたら手袋を外し、また手袋をして家へ帰る。あるときはこれを1日に2回繰り返していました。  手袋をつけたり外したり、バッグに入れたり出したりする回数が多く、途中で嫌な予感はしたものの、何も対策をしないまま毎日を過ごしていたら、やはり途中で手袋を片方なくしてしまいました。  なくしたのは20年以上使っている茶色いスエードの手袋。ブランドはシビラ(Sybilla)でした。シビラらしい深い茶色で、手の入れ口にはスカラップがほどこしてあり、手を入れると吸い付くようにぴったりはまる、素敵な手袋でした。

手袋は“あってもなくても生きていけるもの”ではあるけれど…

 はて、これはいつどういう理由で買ったのだろうかと、記憶を呼び起こしてみると、イギリス旅行に行く前に、寒さ対策として買ったことが思い出されました。  当時、私が読んだ旅行書の中に、「ヨーロッパ旅行できちんとした身なりをしている人と思われたいなら帽子と手袋は必須」という文章があり、私はそれを真(ま)に受けて、ちょっと高価な革の手袋を新調し、薄いベージュのコートに別珍の帽子とスエードの手袋といういで立ちでイギリスを旅したのでした。  自慢するわけではありませんが、私は大変ものもちがいいのです。特に手袋、ベルト、スカーフなどの小物類は10年、20年と当たり前に使っています。この手袋にしても、片方をなくしさえしなければ、そのままずっと使い続けていたでしょう。  手袋というものはあってもなくても生きていけるものです。しかしあったらあったで、手指を冬の寒さや乾燥から守ってくれます。それだけではありません。どうやら、手袋というものはそれ以上の何かを持っているようなのです。
手袋をした女性

手袋は“あってもなくても生きていけるもの”ではあるけれど…

次のページ 
日本の手袋の産地は意外な県
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ