Entertainment

こういう窪田正孝が見たかった…!映画『ある男』にみる狂気と絶望の表現

 2022年11月18日より、芥川賞作家の平野啓一郎の同名ベストセラーを原作とした映画『ある男』が公開されている。目玉は、妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正孝の豪華共演。
©2022「ある男」製作委員会

©2022「ある男」製作委員会

 そして、ややダークなトーンで展開する予想を裏切るミステリーであると同時に、後述する「誰もが一度は思ってしまうこと」にハッとさせられる奥深いヒューマンドラマになっていた。  ここでは、何よりも窪田正孝を推したい。これまで演じてきた役の「集大成」的なハードで複雑な役柄であり、もはや「別次元」とも言える領域にまで突入していたのだから。

映画の序盤で「いなくなってしまう」

©2022「ある男」製作委員会 あらすじを紹介しよう。文具店で働く里枝(安藤サクラ)は、林業に従事する大祐(窪田正孝)と出会い再婚する。幸せな日々を過ごしていた矢先、大祐は不慮の事故で帰らぬ人となる。そして、長年疎遠になっていた大祐の兄(眞島秀和)は、遺影に写っている男は大祐ではないと言う。里枝は弁護士の城戸(妻夫木聡)に、大祐の身元調査を依頼するのだが……。  簡単に言えば、事故で亡くなった夫が「別人」だった理由を探るミステリーだ。つまり、窪田正孝が演じる大祐……いや謎の男「X」は、映画の序盤で「いなくなってしまう」のだ。  だが、その序盤だけで彼のことを愛おしく思えるし、その後の「もう会えない」ことの寂しさ、そして後半で明かされる「秘密」が胸に迫るようになっている。9月末に公開された『マイ・ブロークン・マリコ』の役にも近い、初めこそ陰キャまっしぐらのようでいて、実は優しさや親しみやすさも魅力的なキャラクターを、窪田正孝は完璧に体現していたからだ。 【関連記事】⇒窪田正孝の“最高のポテンシャル”が拝める…!『マイ・ブロークン・マリコ』でみせた魅力

かわいらしく、いいお父さんぶりも見せる

©2022「ある男」製作委員会 例えば、今回の窪田正孝は停電が起こった時に冷静な対応をしてくれる様から信頼できるし、とあるきっかけを作っておいてからたどたどしく「友達になってくれませんか」とお願いする様がかわいい。その直後に、安藤サクラと窪田正孝が「当たり前のこと」についてクスクスと笑い合う様を見れば、誰もが「幸せになって!」と思えるだろう。  さらなる推しポイントは、窪田正孝が安藤サクラへ「過去の離婚の理由」を聞いたときのことだ。それぞれの表情と、ツラい出来事を聞いてこその窪田正孝の行動を思えば、「ここで2人は一生ものの絆を得た」と思えたのだから。  その後の、連れ子の気持ちに寄り添っての「いいお父さん」そのものな言動も、「こういう窪田正孝が見たかった……!」という理想を叶えてくれたかのようだった。
次のページ 
役作りで「自分の喉元を切るような感覚に」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ