Lifestyle

胃の不調とストレスの深~い関係。みんながストレスを感じる1番の原因が意外!

冷え込む日が増え、鍋物など温かい食事が美味しい季節になってきましたね。寒い季節は食欲が旺盛になりますが、美味しい物を楽しく味わうためには元気な胃が不可欠です。しかし、「なんだか胃の調子が悪くて、食欲もいまいち…」という方も少なくない様子。 腹部が痛いビジネスウーマン

2人に1人が「胃の不調」を実感

ヒューマン・データ・ラボラトリ株式会社が全国の20歳~60歳以上の男女2000名を対象に行った第三回「胃の不調実態調査」によると、2人に1人が「胃の不調を感じている」と回答しました。 胃の不調を感じている51.0%の人が「胃の不調を感じている」と回答し、前回2021年に行った調査の45.8%を上回る結果に。2020年に調査を開始してからは2年連続で割合が増加しています。 また、「あなたは、現在ストレスをどの程度感じていますか」という質問においては、胃の不調を感じている人の76.7%が「ストレスを感じている」と回答(※1)。一方で胃の不調を感じていない人では「ストレスを感じている」との回答は44.7%と半数以下という結果に(※2)。 ※1 「感じている」36.1%+「やや感じている」40.6% ※2 「感じている」13.7%+「やや感じている」31.0% 胃の不調「胃の不調」と「ストレス」は切り離せない関係であることが浮き彫りになっています。確かに悩み事があったり、緊張したりすると胃がキリキリ痛んだりしますよね。

「胃の不調」と「ストレス」の深い関係

胃の不調とストレスに関係があるのは、みなさんもご存知だと思います。しかし、具体的にどのような仕組みでストレスが胃に悪影響を及ぼすのでしょうか?そのメカニズムについて、消化器内科の権威である、兵庫医科大学名誉教授、特別招聘教授、川西市立総合医療センター総長の三輪洋人先生にうかがいました。
三輪洋人先生

三輪洋人先生

三輪先生によれば、ストレスと胃の深い関係には、自律神経が大きく関わっているそうで…。 「自律神経は環境の変化や将来への不安など、ストレスを感じた時に乱れやすいので、自律神経が乱れることにより胃の調子も悪くなります」 自律神経とは内臓の働きや体温の調整など、自分の意思とは関係なく24時間機能している神経で、交感神経と副交感神経からなります。交感神経は身体を活発に動かすときに働き、副交感神経は身体を休めるときに働きます。この2つの神経がバランスをとっているのですが、ストレスによる刺激でバランスが崩れてしまうことがあるのです。 「私たちは食べ物を食べて『消化しよう!』と意識し消化している訳ではありませんよね。意識の外で胃は機能している。つまり『自律神経』にコントロールされています」(三輪先生) なるほど!コントロールをつかさどる自律神経が乱れた結果、胃がぐったり不調モードに…。ストレスによる胃の不調を改善するためには、まずは自律神経を整える必要があるのですね。
次のページ 
ストレスの原因は将来への不安
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ