Gourmet
Lifestyle

「さんまの塩焼き」のきれいで美味しい食べ方。大戸屋に聞いてみた

 秋といえばさんま。できれば旬の味覚をお店でいただきたいですよね~。 sanma1 とはいえ、気になるのは「きれいな食べ方」。そこで、骨をスルッと取って、はらわたまでスマートに完食する作法をご紹介!  今回は毎年秋に期間限定で生さんまの定食を販売する「大戸屋ごはん処」にご協力いただきました。きれいな食べ方を詳しく紹介するWebメディア「goodie foodie」編集長・丸茂アンテナが解説します。 【手順を画像で見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

まずはそのまま

生さんまの炭火焼き定食(1尾)980円(税込) ※期間限定メニュー

生さんまの炭火焼き定食(1尾)980円(税込) ※期間限定メニュー

 炭火でじっくり焼かれた旬の生さんまが運ばれてきました! ほんのりと焦げた皮の脂の香りがたまりません。  ここで闇雲に箸を入れてはいけません。まずは、腹びれの付け根から背骨に沿って箸で切れ目を入れていきます。
腹びれの付け根から背骨に沿って箸で切れ目を入れていきます

腹びれの付け根から背骨に沿って箸で切れ目を入れていきます

 食べられるために生まれてきたかのように、スムーズに箸が入ります。  そのまま尻尾まで箸を入れて半分にしちゃいましょう。
そのまま尻尾まで箸を入れて半分に

そのまま尻尾まで箸を入れて半分に

 そして、表面の上部の身から食べていきます。
表面の上部の身から食べていきます

表面の上部の身から食べていきます

 お店で提供されるさんまの塩焼きは、味が整えてあるのが通例です。そのため、いきなり身の部分に醤油をかけるのは基本的にNG。まずは、そのままの味を堪能しましょう。炭火特有の皮はカリっと、中はふっくらの食感を楽しめます。

続いて大根おろしのみで

 続いて、大根おろしと一緒に食べてみましょう。
大根おろしと一緒に食べてみましょう

大根おろしと一緒に食べてみましょう

 その際、醤油なしの大根おろしのみでいただくのがポイント。  そのほうが、旬のさんまならではの「脂のうま味」を堪能できるのだとか。
次のページ 
大根おろし+醤油で
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ