Entertainment

衝撃!世界的スターが渋谷にいきなり現れ騒然。愛妻の誕生日も日本で祝う

 世界的な人気を誇るカナダ出身の歌手ジャスティン・ビーバーが極秘来日し、東京・渋谷に突如現れた。11月に予定されていた日本公演を健康上の理由で延期した一方、今月17日から自身のファッションブランドのポップアップストを出店したジャスティン。ただ、本人が来ることは一切予告されておらず、現場は一時騒然となった。

着ぐるみの中の人はジャスティンだった

 ジャスティンが手掛けるファッションブランド「ドリューハウス」のポップアップストアが、今月17日(木)から4日間限定で東京・渋谷に出店。それに合わせて、本人も来日したとみられている。  そして今月19日には、クマの着ぐるみ姿でストアに登場。集まった人々とあいさつを交わすと、クマの頭を取って、その姿を現した。本人が来ることを知らされていなかった人々は、スーパースターのサプライズ登場にビックリ。現場は一時騒然となったが、ジャスティン本人はファンとの写真撮影に快く応じたり、ストアの2階からぬいぐるみを投げたりして、楽しそうな様子を見せていた。  そのほかにも、仲間らとゲームに興じたり、変そうして東京の街へ繰り出したりと、日本滞在を満喫している姿をインスタグラムで公開。特に、ドリューハウスの服を着て、ラーメン店のカウンター席で麺をすする写真には280万以上のいいねが付いている。

「来てくれて本当にありがとう」SNSで感謝の声

 ジャスティンは今年6月、顔面右半分側が麻痺するラムゼイハント症候群であることを公表。今年2月に開始したワールドツアーは一時中止となった。その後ツアーを再開したが、治療に専念するため、10月にはワールドツアーの全日程をいったん中止すると発表。これにより、11月に行われる日本公演も延期となった。  治療中でライブはできないものの、POP UP STOREには顔を見せてくれたことについて、ファンからは「来てくれて本当にありがとう」「こういうところが好き」「療養中だからそっとしておいてあげてほしいなあ」などの声が上がっている。
次のページ 
「いい夫婦の日」に愛妻の誕生日をお祝い
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ