Fashion

流行の「つけエリ」で残念ピエロになってない?おしゃれ見えのコツは

こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。襟や袖が装飾的なデザイントップスが流行して早数年。意外にもこのトレンドは息が長く、今季も多種多様なアイテムが登場しています。それと同時に、引き続き注目度が高くなっているのが“つけ襟(えり)”。
レースのつけ襟

画像:WEAR

ですがいくらトレンドとはいえ、問題はやっぱり着こなし方。とくにつけ襟は一歩間違えると中世貴族やピエロのような滑稽な印象を与えかねません。そこで今回は、挑戦したいけどやや難あり!なつけ襟を上手に取り入れるコツをご紹介します。 【関連記事】⇒再流行の「レギンス」でダサ見え・太見えしてない?今っぽく使うコツ 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

つけ襟の魅力って?

去年、一昨年はビッグカラーといってセーラー服のように大きな襟のトップスがトレンドになっていました。この流行の背景には「一枚着るだけで確実に映える・おしゃれ見えする」という理由があるのですが、いっぽうで廃れると古見えし確実に着られなくなるというデメリットがあります。その点をカバーするのがつけ襟です。 つけ襟は手持ちのトップスにサッとつけるだけで、トレンドの着こなしを楽しむことができます。新しくデザイントップスを買わずとも手持ち服を活かせるというのが最大の魅力ですね。すでに持っている服に新鮮さを与え、アイディア次第でたくさんの着こなしアレンジができる小物はひとつ持っていると非常に便利です。 ちなみにこのつけ襟ブーム、今にはじまったものでもありません。前回は2010年前後に流行していました。当時と現在では流行のデザインもまったく違いますが、それでもつけ襟という小物の特性上、10年前に購入したつけ襟をつけても意外とすんなり今っぽい着こなしができます。流行のサイクルは定期的にやってくるので、今買って廃れたとしても長く持っていればまた何年後かに使える可能性はおおいにあります。

これはピエロ!つけ襟がダサく見えるコーデ

ネットで検索するとさまざまなつけ襟コーデが出てきますが、多くの場合はモデルさんのスタイルが良い、着用者の雰囲気にマッチしているということが前提の着こなしとなっています。なので、同じような服を取り入れて着こなしをすれば絶対に失敗しない!……というわけではなさそうです。 つけ襟がダサく見えるコーデそのなかでも、よく見かける着こなしだけれど気をつけたほうが良い組み合わせは、ゆったりしたプルオーバーとタックパンツを合わせたつけ襟コーデ。これは全体的なシルエットがピエロを彷彿(ほうふつ)とさせるので、着けていて違和感を覚える可能性が高いです。 また、基本的にボトムスはパンツよりもスカートもしくはワンピースを合わせるほうが上手に着こなせます。このほか、つけ襟コーデで失敗しやすい注意ポイントがあるので以下を参考につけ襟選び、失敗しやすい着こなしを防いでくださいね。 【つけ襟の要注意ポイント】 ・襟の角が丸いもの、ギャザーがよっているのは幼児化しやすい ・白のつけ襟は中世ヨーロッパの貴族っぽく見える可能性大 ・肩幅より大きいビッグカラーは目立ちすぎるので避ける ・カジュアルなロゴトップスや柄ニットと合わせると子ども見えする 【関連記事】⇒再流行の「レギンス」でダサ見え・太見えしてない?今っぽく使うコツ
次のページ 
こうするとおしゃれ!つけ襟のおしゃれ見えコーデ
1
2
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらの「お問い合わせフォーム」まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ