Fashion
Lifestyle

ワークマンとユニクロの「980円レギンス」を徹底比較!暖かいのは

 寒くなると、欠かせなくなるのがパンツの下に履く「レギンス」。冬が来るたびに購入しているという人も少なくないのでは?  そこで今回は、ワークマンのレギンスとユニクロのヒートテックレギンスを徹底比較します。

ワークマンとユニクロのレギンスはどちらも980円

左:ユニクロの「ヒートテックレギンス」/右:ワークマンの「レディースウィンドシールドボルカレギンス」

左:ユニクロの「ヒートテックレギンス」/右:ワークマンの「レディースウィンドシールドボルカレギンス」(どちらも税込980円)

 今回、比較するのはワークマンの「レディースウィンドシールドボルカレギンス」とユニクロの「ヒートテックレギンス」(どちらも税込980円)。  ユニクロのヒートテックを履いたことがある人は多いと思いますが、ワークマンからも同じ価格でレギンスが出ていることは知らない人も多いかも。  ワークマンのホームページからレギンスの口コミを調べると「デニムの下に履いてもかさばらない」「ヒートテックより暖かい」と好評の声が多く寄せられています。さっそく、店舗に行って購入してきました。  ワークマンの冬用レギンスには「火山の力だ、蓄熱・保温」と書かれています。火山の力っていったい、どういうことなんでしょう?

ワークマンレギンスは火山岩由来の成分が入っている

●「レディースウィンドシールドボルカレギンス」 価格:980円(税込) カラー:クロ、クロプリント サイズ:M、L、LL  カラー展開は無地の「クロ」と、柄の入った「クロプリント」の2色。どちらのカラーもクロベースなので、インナーとしても見せレギンスとしても重宝しそう。  ワークマンレギンスの生地に含まれているイージーウォーム繊維は火山岩由来の成分が練り込まれていて、高効率で蓄熱する素材なんだそう。寒い冬にピッタリです。
次のページ 
ユニクロレギンスとの違いは?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ