Love

妻の“トイレの音”を盗み聞き…「使いすぎ」と指摘してくる夫がコワすぎる

 お金に関する価値観は、ひとそれぞれ。パートナーの浪費が激しいと未来が心配になってしまうものですが、逆にケチすぎても「ずっと生計を共にしていけるのだろうか……」と今後の生活を不安視してしまうことも……。
財布を持つ夫婦

※イメージです(以下、同じ)

 馬場理恵さん(仮名・33歳)は、半年前に結婚した夫・翼さん(仮名・33歳)のケチっぷりに悩まされています。

まともな金銭感覚の彼に心惹かれた

「私はいわゆる、だめんず好き。今までの元カレはギャンブルにハマっていたり、お金をたかってきたりと、みんなお金にだらしなかったです」  けれど、4年付き合っていた彼氏と別れ、年齢的にも結婚を意識するようになったことで、理恵さんは付き合う男性をちゃんと選ぼうと思うように。マッチングアプリはなんとなく怖かったため、仲介型の結婚相談所に登録し、相手を探しました。  その中で出会ったのが、同い年の翼さん。翼さんは地元では大手だと言われている企業に勤めていたため、理恵さんは将来的にも安心だと思ったそう。 「でも、私は慎重に相手を見極めたかったので、結婚相談所を退会後、すぐに入籍はせず、半年ほど交際期間を設けてもらったんです。その中で知ったのは、物を大切に使う人だということでした」  例えば、翼さんは財布のボタンが取れた時には「パーツだけ買えばまだ使える」と手芸センターへ。また、おうちデートをした時には「まだ着られるから捨てられないんだよね」と、小さな穴が数カ所開いたTシャツを部屋着として使用していました。 「そういう人に今まで出会ったことがなかったので、なんかいいなと思いました。物を大切に使う人は、人のことも大切にできるって言いますしね。実際、彼はいつも優しかったですし、そういう人間性にも惹かれ、結婚を決意しました」

「魚がもったいない」と食べ方を注意された

焼き魚 ですが、新婚生活がスタートして2週間ほど経った頃。夕食にサンマを出した時、理恵さんは翼さんから厳しい注意を受けたのです。  理恵さんは過去に魚の骨が喉に刺さって大変な目に遭ったことがあったため、骨がある部分を口に入れることに抵抗があり、身ごと魚の骨を残すのが癖になっていました。  それを見て、翼さんは「どうして、そんなもったいない食べ方をするの?」と激怒。事情を説明しても、「そんなことは理由にならないよ。ちゃんと見て食べればいいだけの話。お金を払って買ったんだから、食べられるところはちゃんと食べなよ」と一蹴。  それ以来、魚料理が食卓に並ぶと理恵さんの食べ方をまじまじとチェック。骨がついた身の部分を残そうとすると「そこ、食べられるから」と指摘するようになりました。 「正直、細かすぎてめんどくさいかったです。でも、食べ物を大事にすることは悪いことではないので、私が悪いんだろうなと思っていました」
次のページ 
トイレットペーパーの使用量チェックにドン引き
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ