Lifestyle

キャンプ場の仮設トイレに大量の“アレ”が…!腰が抜けそうになった恐怖体験

 空前のキャンプブームですが、家族や一人だけでなく、カップルで本格的なキャンプを楽しむ人も増えたのではないでしょうか?
カップルでキャンプ

写真はイメージ(以下同じ)

 今回、話を聞いた東京都江戸川区に住む高橋奈保子さん(仮名・28歳)は、付き合っている彼から誘われたことを機にキャンプにハマり、予定を合わせては、たびたび彼と2人でキャンプをするように。 「キャンプ慣れしてくると徐々に、電源や設備の整ったキャンプ場より不便な生活をあえて体験したいと思うようになりました。ネットで調べたら、南伊豆の山奥にある野営キャンプ場を見つけたんです。彼も賛成で『行こうよ!楽しそう!』って言ってくれたので、予約しました」

野営キャンプは最高!

 奈保子さんが予約したのは、いわゆる野営キャンプ場と言われるところでした。管理人は不在で、設備は蛇口が1つと仮設トイレが1つ。まさに上級キャンパーにぴったりの環境だったそうです。 「今までのキャンプ場とは全然違いました。車で向かったのですが『本当にここであっているかな?』って彼と顔を見合わせながら進んでいって……。結構、山の奥でしたね。車から降りると、川のせせらぎと鳥や虫の声しか聞こえなくて自然のど真ん中にいるな~ってすごく開放的な気分になりました」  目を輝かせながら、奈保子さんは当時の感動を語ります。到着後はテントやタープの設置、寝床の支度などをしながら、キャンプに慣れた2人でのんびりと楽しんだようです。

料理上手な彼を見る至福の時間…大満足な空間

アヒージョ 自然の中で試行錯誤しながら共同作業をすることも、カップルでのキャンプの醍醐味の一つ。 「彼が作る料理が、ものすごく美味しいんですよ。スキレットでアヒージョをぐつぐつとしたり、玉ねぎのみじん切りもすごく上手だし、手先が器用なんです。彼、ネットで燻製器を買ったかと思ったら、キャンプで卵やベーコンの燻製まで作り出して。普段は見たことがないような真剣な顔で料理をする彼を眺めている時間が好きなんです」  奈保子さんはときどき彼の手伝いをしつつ、ビールや梅酒を飲みながら楽しい時間を過ごしました。お互いが心地よく感じる夜の時間は特別だったようです。
次のページ 
暗闇から物音がする中、一人でトイレへ……
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ