Love

告白してくれない彼を動かすには?やっかいな人の操り方【心理カウンセラー直伝】

職場でもプライベートでも、めんどうな人、イラッとする人っているものですよね。なかなか動いてくれない人からYESを引き出し、実際に動いてもらう50の作戦を掲載した『戦略的、めんどうな人の動かし方』の著者で、心理カウンセラー・作家の五百田達成(いおたたつなり)さんから、本書の作戦を元にその“ワザ”を教えていただきました。

⇒【前編】「ノロい上司、ゆとり後輩…めんどうな人を動かすテク」 http://joshi-spa.jp/130091

デキない先輩には「トイレの神様作戦」



五百田達成

五百田達成さん

 仕事で一番やっかいなのは、ミスが多かったり、納期に遅れたり、妙に派閥意識が強かったりする「デキない先輩」。いちおう先輩だから注意はできないし……。どう動かせばいいの?

「彼らを“デキる人”に変えてあげようと思う必要はありません。あくまでその先輩にかわいがってもらえる存在になり、自分に仕事上の迷惑がかからない状態にすればOKと考えてください。

 そのためには先輩を立て、低姿勢ですり寄り、気をよくさせるのがポイント。とくに派閥意識が強い先輩であれば、先輩の仲間になったように“見せかける”ことが大事。本当に仲間になったり、派閥に入ったりしては、自分も“デキない人”だと思われるのでご注意を。

 おすすめは、先にお礼を伝え、自分がしてほしい行動を押しつける『トイレの神様作戦』。トイレで『いつもきれいに使ってくださりありがとうございます』の張り紙を見ると、汚せないなという気持ちになりませんか。それと同じです(笑)。

 たとえば、会議前に『先輩がいつも上手く会議を進めてくださるので~』など、会議を進めるスキルがあることを前提に感謝すればOK。人は先に感謝されたり、期待されたりすると自然とそれに応えようとします。極端な話『先輩、●●の件ありがとうございます!』と先に言ってしまうのもアリですね」

告白してくれない男性には「じゃないですか作戦」etc.



 最後にプライベート編として紹介する事例は、何度もデートしているにも関わらず「付き合おう」と告白してくれない内気な男性との関係。どう動かせばいいの?

告白してくれない彼を動かすには?「草食男子があふれる現代ですから、そもそも『男性から告白してもらおう』といった前提を考え直してみては? シンプルさを徹底する基本テク『KISS作戦』(編集注:プログラマ業界の言葉”Keep it simple, stupid”の略)がおすすめです。『私はあなたのことが好きです』とシンプルにキメてみるんです。

 とはいっても、なかなかハードルが高いテクニックだと思うので、次善策を用意する『プランB作戦』も有効かと思います。その男性以外に気になる男性を作っておくと『この人しかいない!』と意気込みすぎて、上手くいかなくなることもなくなるはず。他の案があれば、常に心に余裕を持てますから。

 自分で勝手に前提を作ってしまう『じゃないですか作戦』も使えます。彼と付き合っている前提にして、既成事実を作ってみるんです。たとえば共通の友人たちとの飲み会にふたりで顔をだすのも効果的ですよ。

 仕事編でも登場した『君はどうしたいの作戦』も応用できます。『私は? と思っているけど、あなたは私のことをどう思っているの?』と聞くのが効果的。前半で自分の気持ちを示すのがコツですね」

 戦略もなく「●●してください!」とお願いするのは誰でもできること。相手を上手く動かす“技術”を身につけましょう!

【五百田 達成(いおた・たつなり)さんプロフィール】
http://www.iotatatsunari.com/
東京大学教養学部卒業後、角川書店、博報堂、博報堂生活総合研究所を経て2007年に五百田達成事務所を設立。サラリーマンとしての実体験と豊富なカウンセリング実績を活かした、職場の人づき合いにおける実践的アドバイスが好評を得ている。執筆や講演の主なテーマは、「コミュニケーション」「生活者心理」「社会変化と男女関係」。鋭い分析と優しい語り口が人気となり、『解決! ナイナイアンサー』(日本テレビ系)、『私の何がイケないの?』(TBS系)などメディア出演多数。最新刊は『察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。発売後20日間で5万部を突破、好評発売中! その他の著書に13万部を超えるベストセラーとなった『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』(クロスメディア・パブリッシング)など多数。

<TEXT/池田園子 PHOTO/Federico Marsicano>

あなたにおすすめ