Beauty

20代メイクのままじゃ痛い!美容部員が教える[30代メイク]のコツ

 関西の百貨店で美容部員をしている白川凛でございます。

 なかなか微妙なお年頃、30代。明らかに20代前半にはなかった現象がお顔の上で起きてきます。30代前半は何もしなくても綺麗なんですよ。メイクも、20代の頃と同じメイクをしていても、「えー、30代なんですか!? みえなーい! 25って言っても通じますよ」とか。ホントか嘘かは知りませんけどね。

 ちょっと飲みすぎてお化粧したまま寝てしまったり、疲れて何もつけずに寝てしまってもそんなに影響が無くて、結構まだいけるな、なんて思って数年、30代半ばすぎたらガタガタ崩れだす。音が聞こえます。ガタガタって……顔がガタガタになってくる……。

 そうなると、手っ取り早く皆様、隠しますよね。最初はいいんですよ、部分的に綺麗に隠れてくれます。それが、段々面積が広くなる。

20代の癖で、アイメイクが濃くなりすぎ



20代メイクのままじゃ痛い!美容部員が教える[30代メイク]のコツ シミや毛穴、目の回りの小じわに口のまわりのほうれい線まで、顕著に「老化」が表面化してくる30代。隠す部分が段々と増えて、継ぎはぎみたいになってきて、またそれを均等にするために一番上にパウダーのせたりしちゃうから、もぉ近くで見たらホラー映画みたいになってきて、こうなったら仮面かぶるか、みたいになってくるんです!

 20代の頃にチヤホヤされた感覚が忘れられなくて、あの頃に誉められた目元なんて見る影もなくなって、でも、私のチャームポイントは目だから、みたいな記憶だけが悲しく残ってる。目元に執着するあまり、目元のメイクが濃くなりすぎた上に、手の感覚は20代のメイクをしていた頃の手の動きを体が覚えているので、シッカリ黒のリキッドライナーでガッツリ目の回りを真っ黒に囲んじゃって、付けまつ毛も1つにしときゃいいのに3種類くらい使って上下ワサワサさせちゃって、鏡を見ている時は表情つけないで見てるもんだから、意外とまだ20代の頃に近づけるな、なんて思ってるのは本人だけ。

 喋って笑うと一発で崩れますよ。目元が下がって、小じわが悲しくチリメンに出ています。

ラメの反射で、目尻のシワをごまかす



 やっぱりね、ハリ感も違えば質感も違ってきてますし、「若く見える」ことに執着し過ぎると、「悲しさ」とか「虚しさ」みたいなものを逆に醸し出してしまって、「痛々しい」感じになってしまったが最後、「痛い人」になってしまいます。

 化粧は女の身だしなみですから、化粧をすることは女性らしくて良いのですが、化粧の仕方も年齢にあわせて変えていかないとね!

 まず、一目で「老ける」印象を与える「ほうれい線」。なぜなら、これのせいで顔の輪郭が変わるから。 そして、目尻や目の下のチリメンじわ。近くに寄って見られると、実年齢がわかってしまいます。

 全く別場所にある、この2つの悩みですが、実はメイクで同時にカバー出来るんです。

 まず顔を全体で捉えます。30代になると明らかに下に弛みますから、上部分の目元に印象を付けたいですね。すると、顔の下部分が目立ちにくくなります。

 目元のシワを誤魔化したいなら、光の反射を利用しましょう。ラメ入りのハイライトで目の上から目尻にかけて広く塗ってください。目の下は塗っちゃダメですよ。後は好きなお色を瞼の際に薄くひいてください。ラメが光を反射してシワが目立ちにくくなります。

ほうれい線にも、ラメのハイライトを薄~く



 次にほうれい線。

 これは頬骨の高い位置にチークで色をのせるのですが、ブラシでクルクル色をのせていたら、段々下がってしまい、頬骨の下のほうにつけてしまうことがあるので要注意です。あくまでもブラシを上に持っていく気持ちで。

 仕上げに、目元につけたハイライトのラメを、薄くほうれい線に沿って一筆なぞってください。すると不思議とふんわり目立ちにくくなりますよ。

 塗りたくって隠すことに必死になってしまうと、逆に目立ってしまいます。あくまでも薄くがポイント。こなれた感じで隠してしまいましょう。

<TEXT/白川 凛>

【白川 凜】(しらかわ りん)
関西在住の40代、百貨店の現役美容部員。ナチュラルコスメでスキンケアアドバイザーとして15年、従事している。「高い化粧品を使っていると豪語する人ほど、綺麗な人が少ない」と気づき、お金をかけずに綺麗になれることを追求するため、日々、さまざまなスキンケアを自ら試している。WEBマガジン「milkik」では「美容部員の美容食」を連載中(http://milkik.com/




あなたにおすすめ