Job&Money

女性にとって理想の上司は“南国系”、最悪上司は“火山系”

 就職・転職や人事異動でストレスがたまりやすい「5月病」の季節です。ストレスの種はいろいろありますが、大きな原因のひとつが「上司」。そこで、20~30代の働く女性100人に、「ストレスと上司」についてのアンケートを行ってみました。

 まず、「ストレスがたまる上司のキャラクター」を聞いたところ、1位「怒りっぽくキレやすい」(68%)、2位「細かくてネチネチしている」(64%)の2つが、6割超えの不人気ぶりでした。周囲の女性にヒヤリングすると、「ウチの課長は、女性にあまり怒らないんですが、男性部下への怒り方が異常。フロアに響き渡る声で10分ぐらい激ヅメする。聞いているだけでビクビクしてしまいます」(32歳・事務職)とのコメント。いつ爆発するかわからない”火山系上司”の下では安心して働けませんね。

⇒アンケートの詳細はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=13517

ストレス,上司 逆に「どんなキャラクターの上司の下で働きたいか」を聞くと、1位が「明るくポジティブ」(67%)、同率2位が「開放的で親しみやすい」(55%)、「楽しくユーモアがある」(55%)と、総じて“南国系上司”が圧勝でした。

「冷静で頭が切れる」とか「豪快でガッツがある」ほうが業績は上がるんじゃないの? とも思いますが……マジメで窮屈になりがちな日本の職場にあって、明るく開放的なキャラクターは貴重な存在なのかも。

 こちらも周囲の女性にリサーチすると、「恐る恐るミスの報告をしたとき、上司はじっと聞いたあとで『わかった。次は気をつけような。じゃ飲みに行くか』。未来のことに目を向けてくれるポジティブさに救われました」(28歳・販売職)といったコメントが寄せられました。

ストレス,上司 また、「ストレス解消のために仕事のあとにしたいこと」を聞くと、1位「甘いものを食べる」(57%)と2位「お酒を飲む」(46%)が圧倒的。“スイーツと酒”に癒されるイマドキ女性の姿が浮かんできました。

ストレス,上司 さらに、「ストレスが溜まった時に行ってみたい場所」を聞くと、1位「温泉街(箱根・草津ほか)」(62%)と2位「南国リゾート(ハワイ・カリブほか)」(55%)が過半数。

ストレス,上司 とはいえ、なかなか旅行に行く暇もお金もないのが現実ですよね。そこで、以上のキーワードをちりばめて、5月病や仕事のストレス解消法を考えてみると……。

1.「〇〇の湯」といった温泉入浴剤のお風呂にゆっくりつかる

 温泉地と共同企画した入浴剤「日本の名湯」シリーズ(バスクリン)から、各温泉直販の湯の花や濃縮温泉水まで、今や店舗やネットで何でも買える時代。「今日はどこの温泉に行こうかな。うふふ」と、全国の温泉に行った気分でリラックスしましょう。

理想の上司

5月22日に出たばかり

2.風呂上りに南国気分のフルーティなお酒を

 南国発祥のお酒を買い込んで……となると少々ハードルが高くなってしまいますが、そんな人には5月に発売されたばかりの「キリン カリブーン(グレープフルーツ/パイナップル)」。カリブ発祥のお酒・ラム+南国産フルーツ果汁+ソーダで、明るく開放的な気分に!

3.酒のつまみは南国気分のスイーツで

 美容のためにはフルーツを。さらに自分を甘やかすなら……女子スパ!でも連載中のコンビニアイス評論家・アイスマン福留氏が激賞するローソン「フローズンスイーツ」の「マンゴー味」(今年4月に出たばかり)。

理想の上司

南国系上司ってこんな感じ!?

 あとは、嫌な上司がトバされれば言うことなし!

【調査概要】「上司とストレスについてのアンケート」 全国在住、仕事を持つ20~30代女性100人にインターネットで調査(5月13日)

<TEXT/女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ