♂&♀

セフレ総数50人!彼氏がいても男を求めるワケ

恋愛の面倒な駆け引きを避け、体だけの関係…いわゆる「セックスフレンド=セフレ」関係を楽しむ女性が増えているという。ちょっと聞きにくいその実態を、セフレがいる女性に聞いてみた。

嫌マンネリ型「新鮮味はつねに必要なんです」



<宮瀬アンナさん(仮名)29歳/ショップ店員>

 これまでのセフレ総数は、実に50人以上。セフレに求めるものはズバリ“新鮮味”と言い切るのが、都内でショップ店員をしている宮瀬アンナさんだ。20代前半から地元のナンパの名所で男をあさり、上京してからもバイト先であるキャバクラの客や、クラブでの一夜の出会いなど、常に“新しい男”とのセッションを繰り広げている。

セフレ総数50人!彼氏がいても男を求めるワケ「10年付き合っている彼氏との関係は円満で、SEXも順調。ゆくゆくは結婚も考えています。でも、彼氏としているプレイを他の人としてみたら……という変な好奇心を抑えられなくて(笑)」

 単発ではなく関係を続けるかどうかは、ベッドの上でのテクニックよりも、自分を楽しませようとしてくれるサービス精神や、思いやりを重視しているという。

「一番長く続いたのは、40代の既婚のおじさま。顔はタイプじゃないし、SEXも普通だったけど、きちんとデートしてお姫様扱いしてくれるのがよかった。割り切った関係だけど2人でいるときはカップルのように接してほしいです」

 相手が本気になってしまうと面倒なので、彼女持ちや既婚の遊び慣れた男性のほうが気が楽だとか。

「彼氏と別れかけたとき、何度かセフレと付き合ってみたこともあります。でも男って絶対、釣った魚にはエサをやらなくなるでしょ。手に入りそうで入らない、セフレ関係が一番楽しいんですよ」

 お互いに体目的とはいえ、相手を一人の女性としておもてなし。新鮮な関係を維持できるかどうかがカギとなりそうだ。

<PHOTO/Golyak>

― 女が熱望する[セフレの条件]【3】 ―




あなたにおすすめ