Job&Money

浪費OLが、年6倍の貯金に成功した3つのルール

 かつて貯金80万円でマンションを購入してしまったファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢です。

 私はマンション購入後、思いがけない費用を知って慌てたことをきっかけにお金の勉強や貯金を始めました。実家暮らしの3年間で80万円しか貯められなかった私でしたが1年間で160万円貯められるようになりました。

 前年比600%の貯金を実現させた本当に効果があった節約術をご紹介します。

(1)3度見ても欲しいものしか買わない



浪費 それまでの私は黒のカーディガンを買いに行ったはずなのに、店員さんのコーディネートしてくれた、まったく違うトップスやボトムを一式買って帰ってしまうことすらありました。しかし、貯金をしようと思ってからはお店で欲しいものを見つけても「3回通っても欲しいと思えた物しか買わない」というルールを作りました。

 こうすることで買いたい気持ちをクールダウンさせることもできましたし、似たものを買ってしまったり、手持ちの洋服と合わないものを買ってしまったりすることを減らすこともできました。被服費は恐らく1/5くらいに圧縮されたと思います。

(2)ディナーでなくランチにする



 友達との交際費も計画なく使っていました。飲み会に出ると2次会、3次会まで行くこともありましたし、酔っ払ってしまって歩ける距離をタクシーで帰ってしまったことも……。ところが交際パターンをランチに切り替えると大きな節約ができました。ディナーだと2次会などに出れば6000円を超えることも普通です。ところがランチであれば奮発しても2000円以内におさめることも可能です。アルコールもないので1回あたりの費用も少なくなりますし失敗して交通費がかさむことも減らせます。

(3)ボーナスを使わない



 日々の節約でお金を使わないことに加えてボーナスには絶対手をつけないという決まりにしました。今から考えると「先取り貯金」の変化版です。ファイナンシャルプランナーになってから貯金に成功している人の多くが「先取り貯金」を実践していることを感じています。先取り貯金とは「余ったお金を貯金する」のではなく、給料日などに貯金するお金を先によけて「余ったお金で生活をする」貯金方法です。余ったら貯めようというのはどうしても難しいため絶対に手をつけない金額を先に決めてしまうという点がミソです。

 私の場合は元々のお金の使い方が酷かったのですが、それでもこの3つの方法は本当に効果が大きかったです。どの方法も根底に「貯めなければまずい」と思った後押しは大きいのですが節約術から始めて貯金のきっかけにするのもお薦めです。試しやすいものがあれば使ってみてください。

風呂内 亜矢【風呂内 亜矢(ふろうち・あや)】
ファイナンシャルプランナー。CFPR認定者、宅地建物取引主任者。
1978年生まれ。岡山出身。
IT企業に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。
著書に『貯金80万円、独身の私にもできた!自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』(日本実業出版社)がある。
公式サイト:http://www.furouchi.com/
公式ツイッター:@furouchiaya

貯金80万円、独身の私にもできた! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法

マンションは買ったほうが得!ただし、買い方を間違わなければ。“貸せる”物件を“適正価格”で計画的に買おう。月々のローンをあたかも「積み立て預金」のように活用し、完済後は「年金」のように着実な家賃収入を得ることもできる、著者の体験的ノウハウ!




あなたにおすすめ