Love

ミスチルで婚活!最後は30人で大合唱【噂の趣味コンに潜入】

 以前、取材で街コンに参加したことがあります。店から店へ、まるで海に漂うクラゲのように、あの人でもない、この人でもないとさまよう男女の姿が印象的でした。

 そんな街コンをはじめ、仮面パーティーや店コンなど、年々広がりを見せる婚活の場。その中でも最近話題なのが、同じ趣味を持つ男女が集う「趣味コン」なるもの。共通の話題がある安心感から打ち解けやすいのだとか。

Mr.Children 公式サイト

Mr.Children 公式サイトより

 さて、生涯の伴侶を求め、今宵も日本のどこかで集まる独身クラゲたち――。噂の趣味コンの実態を調査すべく、筆者も実際に参加してきました。

 数ある会の中で選んだのは、Mr.Children=ミスチル好きが集うというパーティー。

「好きなタイプは桜井和寿」と答え続けてきた筆者にぴったりです。とはいえ、ライブは過去に1度に行ったきり……はて、話題についていけるだろうか。一抹の不安を胸に、行ってきます。

大切なのは 年収よりも「好きな曲」



 会場は都内某所のレストラン。店内には、開始前からすでにミスチルのライブ映像が流され、到着早々気分が高まります。この日の参加者は、20代から30代半ばの男女約30名。ちなみに、参加費は居酒屋チェーン店で飲むくらい。

筆者:井上こん

独身調査員、いざ。

 婚活パーティーとはいえ、みなさんわりとラフな服装で、肩肘張った方はいないよう。強いて言うならば、ジーンズにTシャツ、チェック柄シャツとどこか「桜井ルック」な男性が多い印象。男女ともに黒髪でまじめそう。

 一般的なお見合いパーティーでは、自身の情報を書き込むプロフィール用紙が用意されていることが多いですが、今回は「氏名+ミスチルの好きな曲」を書いた名札を付けるだけだったので、年齢や年収などのスペックを越えた次元で会話できるのが良いかも。

 好きな曲として挙げられた中で多かったのは「CROSS ROAD」「HANABI」「口笛」など。180曲を超える楽曲の中から1曲を選ぶのは相当難しく、みなさん真剣に悩んでいらっしゃいました。それだけに、同じ曲名の人を見つけたら嬉しいもので、実際ところどころで「あ、一緒!」と盛り上がる男女もいました。ある種の神経衰弱効果とでもいいましょうか。

開始早々ハプニング。筆者が案内されたのは、なんと目の前が空席のおひとりさま席

ま、スロースタートということで

 受付を済ませた人から、男女が向かい合う形で順に着席していきます。しかし、開始早々ハプニングが。筆者が案内されたのは、なんと目の前が空席のおひとりさま席。

 そのため、乾杯後しばらくは天井のシミを数えたり、ワイングラスをくるくる回したりして時間をつぶすことに。男女同数でない場合は、こういうこともあるのだと身をもって思い知りました。

 席替えを挟みつつ、7割ほどの男性と会話してみて、ミスチルへの熱量もさまざまであることに気が付きました。「この10年、行かなかったコンサートはない」という猛者もいれば、「ミスチルは好きだけど他の人に比べたらにわかです」とこっそり打ち明けてくる方も。

 一番印象的だったのは「ふーん、なんで○○(曲名)が好きなの? 何がきっかけで?

 曲の序盤と終盤だったらどっち?」など面接官並にたたみかけてきた方。対抗できる女性、いるのかな。

【教訓】

共通の趣味とはいえ、個人差はあるもの。分からないことは素直に聞けば、喜んで教えてくれる(人もいる)

締めは 仲良く大合唱



 2時間の歓談を終えると、司会者から「では、みなさんで合唱を」と歌詞カードが全員に渡されました。さあ、ここからが趣味コンの真骨頂。およそ30人の手拍子と大合唱による「エソラ」「innocent world」の2曲が店内に響き渡り、「ああ、私いまミスチル婚活にいるんだなあ」と実感するシーンでした。

 このパーティーでは、特にカップリングタイムなど設けていないので、帰り際に各自が連絡先を交換します。中には、その後のカラオケで親交を深める人もいたようです。

 筆者も数名から連絡先を聞かれたのですが、1人の方からは「来週あたり食事しましょう。もっと君にミスチルのことを教えてあげたい!」という熱烈メールが。何でしょう、デートのお誘いというより、弟子入りを勧められている気分。

 結論としては、趣味コンは打ち解けるのが早いメリットがあるようです。ただ、ひとつのテーマに花を咲かせるあまり、個人的な話にまで至らない面もあるので、「恋人」というよりは、「同じ趣味を持つ異性の友人」を探すくらいの気持ちで行く方が楽かも。

 さて、件の殿方には教えを乞うべきかお断りするべきか、いまだ迷っています。

⇒【YouTube】Mr.Children「エソラ」Music Video http://youtu.be/sQtlTOLyb_w
http://youtu.be/sQtlTOLyb_w
<TEXT/井上こん>

井上こん
’86年生まれ。明治大学農学部中退。120倍激辛麺/1リットルジョッキ酒/ドヤ街宿泊レポ/ローション運動会など、アレな取材多し。「はまれぽ」、「SPA!」などで執筆。TCGにて猫のボランティア活動も。twitter@koninoue




あなたにおすすめ