Gourmet

幻の「アイスランドアイス」をアイスランド大使館で食べてきた

 こんにちは。アイスというキーワードにめっぽう弱いコンビニアイス評論家、アイスマン福留です。  突然ですが、皆さんはアイスランドのアイス、「アイスランドアイス」をご存じでしょうか。インターネットで検索しても、めぼしい情報は見当たりません。そんなアイスランドアイスが食べられるイベントが開催されるという情報をキャッチ! 駐日アイスランド大使館 そのイベントは、「アイスランド総合研究所(氷総研)設立記念パーティ」、アイスランド大使館で開催されるとのこと。  さっそく、取材を申し込み、大使館へ潜入してきた。 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=144829 駐日アイスランド大使のハンネス・へイミソン氏(右)と、大使夫人(左) 駐日アイスランド大使のハンネス・へイミソン氏(右)と、大使夫人(左)、参加人数は70~80名くらい。今回集まった人たちは、アイスランドを心から愛する熱狂的なアイスランドファンばかり……。 アイスランド総合研究所(氷総研)設立記念パーティの様子 いかん。僕はアイスランドを愛する人ではなく、アイスクリームを愛する人。なんでしょう、この場違い感は……。  イベントには、タレントのふかわりょう氏も参加されていました。同氏は、大のアイスランド好きとして知られています。 駐日アイスランド大使 と ふかわりょう氏 毎年アイスランドをおとずれ、彼が5年間にわたって書き綴ったアイスランド旅行記「風とマシュマロの国」は書籍化もされている。そういった活動が、アイスランドの認知拡大と魅力発信に多大なる貢献をしたとし、その功績が認められ、この日アイスランド総合研究所の「名誉教授」として就任が決定。 アイスランド総合研究所の「名誉教授:ふかわりょう」 彼のアイスランドへの想いは深く、「移住も考えている」と語っていました。その後、会場にはたくさんのアイスランド料理が続々と登場。 アイスランド料理 アイス、アイスはまだか……。30分ほど待っていると、ついにアイスランドアイスが登場! ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=144835 アイスランドアイス(写真1) 見た目は、普通のアイスクリーム。色は黄色っぽい。  なんとこのアイス、大使夫人お手製なのだとか。作っているところを見たかった! アイスランドアイス(写真2) 見ためは普通のバニラアイス。バニラというよりもミルクアイスといった感じでしょうか。  食べてみると……超濃厚! アイスランドの牛乳と生クリームを使った濃いめの味わい。ミルクの深いコクと、やや粘り気のあるクリーミーな食感が特徴的。思ったよりも甘さは控えめ。これなら、甘いものが苦手な人でも食べられそうです。  アイスランドアイスは、アイスの中にお菓子を混ぜて食べるのが一般的なのだとか。今回は、砕いたアイスランドチョコレート(ミルクチョコ & ミントチョコ)がたっぷりと混ぜてありました。  ずっしりとしたボディー感のあるミルクアイスと、チョコレートのポリポリとした心地良い食感がクセになる。くちどけも最高! 気づけば5個も食べていました。 アイスランドアイス(写真3) アイスランドでは、伝統的なキャンディ『リクリッシュ(リコリス)』を混ぜて食べたり、もしくは今回のように、アイスランドチョコレートを混ぜて食べるのがアイスランド人の間では定番なのだとか。この混ぜものによって、アイスランドアイスのイメージは大きく変わると思います。  今回食べたものは、とにかくおいしいアイスでした。単純に、大使夫人の料理の腕前が素晴らしかったのかもしれませんが……。  今回、運よくアイスランドアイスにありつけましたが、普段はどうしたら食べられるのかは不明です。  その辺は、アイスランド総合研究所(氷総研)に問い合わせてみてください。今後また、アイスランドアイスを食べられる機会があるかもしれませんよ。 年間約1000種類のコンビニアイスを食べ、情報サイト「コンビニアイスマニア」を運営。今まで存在しなかった「アイス評論家」を勝手に名乗り、多くのメディアに取り上げられる。著書に『バカが武器』 ―アイスマン福留の「コンビニアイスマニア」女子SPA!出張版(25)―
アイスマン福留
年間約1000種類のコンビニアイスを食べ、情報サイト「コンビニアイスマニア」を運営。今まで存在しなかった「アイス評論家」を勝手に名乗り、多くのメディアに取り上げられる。著書に『バカが武器
Cxense Recommend widget
バカが武器

元気が出て、役に立ち、バカがうつるビジネス書




あなたにおすすめ