Love

綾瀬はるかがアラサー処女に。リアル処女たちの中学生みたいな“恋の悩み”

 33歳にして処女の主人公が初めての恋愛をするマンガ、『きょうは会社休みます。』(藤村真理著、集英社『Cocohana』連載中)がヒットしています。

きょうは会社休みます。(日本テレビ)

番組HPより http://www.ntv.co.jp/yasumimasu/

 この10月15日には同名のドラマがスタート(水曜夜10時~、日本テレビ系列)。綾瀬はるかが、30歳の処女を演じるというので、話題になっています。

アラサー処女に初めて彼氏ができたら……



リアル処女たちの中学生みたいな“恋の悩み” この作品では、男性経験のない主人公は物珍しい存在として描かれているのですが、実は、今までの人生で誰とも付き合ったことがないというアラサー女子は、世の中で思われている以上に多かったりするのをご存知でしょうか?

 共学の高校に通いながら浮いた話の一つもなく、大学に入ればさすがに何かしらあると思い続けているうちに卒業、気付けば社会人2年目、3年目といたずらに年を重ね……。周りでは経験があって当たり前という風潮になっていくばかりに、実は処女だと言うに言えなくなってしまうこともあるようです。

 とはいえ、そんなアラサー処女たちにも、ひょんなきっかけで彼氏ができたり、できそうになったりすることがあります。ただ、そんな彼女たちアラサーにして初めての「彼氏」との交流は、なんとも中学生のときに読んだ少女マンガのような悩みを抱えているようで……。

●好きな人との話題がない

「最近、人生で初めて付き合いそうな人と仲良くなったのですが、その人と2人で会っても何を話していいか分からないので、いつも誰かしら共通の友達を呼んでしまいます」(27歳・Eさん)

 呼ばれた共通の友人としては、いい感じの2人に挟まれてたまったものじゃないでしょう……。

●このまま仲良く楽しければ付き合わなくても……

「ある男性と、2人で飲みに行ったり、カラオケや水族館、漫画喫茶など色々なところに一緒に出掛けたりしているのですが、告白もされないし、向こうが私のことを好きなのかどうかもよくわからないし、もうこのまま楽しく遊べればそれでいいかなって……。セックス!? とんでもない! そんなことはしていませんが、漫画喫茶では手を握られたり、抱き締められたりしました……」(28歳・Tさん)

 煮え切らない男と踏み込まれたくない女。ある意味お似合いなのかもしれません……。

●セックスの適正回数がわからない

「28歳にして初めて彼氏ができた友人。1か月くらいで別れてしまっていましたが、『彼氏とセックスって通算で何回した?』と重大事項のように聞かれました。私、今の彼氏と5年も付き合ってるのに……そんなの数えてるわけない!」(29歳・Rさん)

 “普通”が何かがわからないだけに、過剰に気にしてしまうのでしょうか。

 ほかにも、家に連れ込まれそうになっても、「好きだから何も言えない」、「大人の恋愛ってこういうものだと思ってた。知らないから受け入れるしかない」、「それでも彼なら本気で好きになれる人だと思うから」、などと、どうにも相手の男性にいいように主導権を握られているケースが多い気が……。男性側が少女マンガ的な乙女思考回路に合わせてくれるほど世の中甘くはないようです。

 いや、まあそもそも、少女マンガに出てくるような恋愛は、少女のうちにやっておいたほうがいいのかもしれませんね。

<取材・文/女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ