Beauty

30・40代からでも間に合う?男ウケ抜群の「すっぴん美人」になる方法

 夏の強い紫外線を浴びた肌はかなりお疲れのはず。しかし、それだけではなく、私たちの肌は睡眠不足、乾燥などによってもストレスを受けています。さらに! 肌ストレスの原因のひとつに、化粧品に入っている添加物があるそうなんです!

 実際、化粧品による肌トラブルに悩む女性は多いようで、防腐剤などの添加物が肌に蓄積されると、肌細胞を老化させたり、美容成分の効果を邪魔したりするとか。


 そこで自分の化粧水や美容液をチェックしてみると……ギャーッ、防腐剤や香料など添加物だらけ! これってお肌にコンビニ弁当を食べさせていたようなものじゃないですか……。

3ヵ月の集中ケアで肌が蘇る



 食べ物もコスメもやっぱり自然に近い無添加のものを選びたい。そこで無添加化粧品として有名な「ファンケル」に注目してみました。

 ファンケルの化粧品は、防腐剤、殺菌剤、石油系界面活性剤、香料、鉱物油、紫外線吸収剤、合成色素が一切入っていない、徹底した無添加で肌にストレスを与えません。しかも、”肌ダメージのもと”を取り除く素肌純化成分「マルビジン」を配合。気づかないうちに紫外線や乾燥などから受けてしまった肌ストレスを取り除き、澄んだ素肌に導いてくれるので、美容成分の効果が最大化されるそうです。

「3ヵ月集中エイジングケアプログラム」のセット、1ヵ月分(化粧液・乳液は各30ml、エッセンスは18ml)。これが3回届く

 ファンケルではこの10月から「3ヵ月集中エイジングケアプログラム」がスタートしました。これはエイジングケアに適した「AGライン」の化粧液・乳液・エッセンスを3か月使って、ストレスのない澄んだ素肌に導こうというものです。使うペースに合わせて、新鮮な1ヵ月のセットが3回送られてくるんです。

ファンケルの化粧品には、いつ作られたものかを表す製造年月日が書かれています。良心的!(写真は2014年4月1日の製造剤)

 ところで、なぜ3か月?と疑問を抱く人も多いと思います。それは、肌のターンオーバー(生まれ変わり)のサイクルに合わせているから。肌の細胞は約1ヵ月で生まれ変わるので、3ヵ月あれば今使っているスキンケアの成果を2~3回のターンオーバーの結果から正しく見極めることができるんだとか。

 3ヵ月……。これまでのダメージをリセットするにはやはりそれくらい必要ということですね。「1日でぷるぷる!」みたいなウソっぽい宣伝文句より信頼がおけます。 よくあるお試しセットはおトクで手軽だけど、本当に肌を変えようと思ったら、これくらい本気で向き合いたいですよね。

エイジングケアラインを使ってみた



 33歳の筆者は、そろそろ肌の衰えが気になる年頃です。そこで、「3か月集中エイジングケアプログラム」に入っているAGラインを使ってみることに。使ってみたのは「エイジングケア 化粧液 II しっとり」 「エイジングケア 乳液 II しっとり」 「エイジングケア エッセンス」の3点セット。筆者は、乾燥に悩んでいるので、「しっとり」タイプを使ってみました(さっぱりタイプもあり)。

アラサー乾燥肌の私

 初めて使ってみた感想は、肌にしっとりとなじみやすいこと。つけてもベタつかず、時間が経っても乾燥している感じはありません。「これはいい!」とモチベーションが上がりつつ、1週間ほど使用してみると、肌にふっくらした弾力とツヤが出てきた気がしました。

ノーメイクで失礼します

 なんとなく朝の化粧ノリもよくなり、顔色もよくなってきたような? やっぱり肌のストレスが徐々に薄れてきた分、蘇ってきているのでしょうか。

肌ダメージの原因を取り除く「素肌純化成分」



 それもそのはず、ファンケルの無添加スキンケアは、青いスイトピーやゼニアオイから抽出した、素肌純化成分「マルビジン含有花エキス」を配合。受けてしまったダメージのもとを取り除き、肌をまっさらな状態に導いてくれるのです。

ファンケル総合研究所調べ(効果には個人差があります)

 これにより、肌の奥まで栄養を届ける「エイジングケアルート」が整えられ、配合されているコラーゲンが行き届き、肌本来のハリを復活されてくれるってわけです。使えば使うほどお肌の弾力性が上がっていく様子は、きちんとデータで実証されています。

 グラフは、「3ヵ月集中エイジングケアプログラム」と同じセットを2ヵ月使った、40代女性の肌弾力を測ったもの。2ヵ月で肌弾力が開始前の約1.2倍にアップしていて、ご本人も「こんなに変わるなんて!」とビックリしたそうです。

 なんというか、もう添加物入りは使いたくないと思うほど。今後も使い続けて、老化を食い止めていきたいですね。

◆「3ヵ月集中エイジングケアプログラム」

PCのかたはコチラ

スマホのかたはコチラ

<TEXT/女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ