Love

平凡な女性がエリートと結婚できる「合コン戦略」3つのポイント

 男の気持ちは男に聞くのが手っ取り早い――。経済評論家でカウンセラーの浅倉ヒロが、数多くの恋愛相談を受けてきたなかから、男目線でアドバイスする「合理的恋愛術」!

Q.合コンしても、ちっとも出会いがない

質問者・みさきさん(23歳)  新社会人として、7ヶ月が過ぎました。出会いを求めて月2回位のペースで合コンしていますが、成果があがりません。先輩には「合コンに出会いは期待できない」と言われています。合コンでいい人に出会うコツがあれば教えて下さい。

A.エリートと結婚した女性の合コン戦略とは

回答・浅倉 「合コンに出会いは期待できない」は定説ですよね。そんな中、驚くべき合コン活用術を実践し、結婚までいたった人もいます。 平凡な女性がエリートと結婚できる「合コン戦略」3つのポイント 新入社員のM子は、ルックスもスタイルも”やや良い”といったところでした。愛想はよいのですが、同期との付き合いは悪く、友達も少ないように見えました。そんなM子の口癖は「わたし、エリートと結婚するのが夢なの」。誰もが「はいはい」と相手にしていませんでした。  そんなM子が、入社3年目にまさかの同期最速の結婚を果たします。しかも相手は外資系の半導体メーカー、東大卒。少し年上で、スピード出世しているエリートだとか。どうみても格上の男性との結婚に、一同仰天でした。僕はM子と割に仲が良かったので、後日、結婚に至る話を聞いたのですが、その内容に驚愕しました。 ●1)「ルイトモ理論」――同期や友達ルートで合コンするな  M子が理想的な相手をゲットしたきっかけになったのは、実は合コン。  合コンに参加するのは、大学の同級生や会社の同期のつながりが多いですよね。当然「類は友を呼ぶ」の法則に基づいて、自分と同じ水準の人たちとの縁になります。ですから、もし合コンでいまいちな男性に退屈な思いをしたり、嫌な気分にさせれたことがあったとしても、それは男女お互い様。結局自分は相手と同レベルの女だということです。それでもやっぱり、自分のことは棚に上げてでもいい男性を望んでしまいますよね。  M子は、この合コンにおける「ルイトモ理論」を、大学時代に付き合っていた社会人から聞いたそうです。飲み込みの早いM子は、この理論を踏まえて、同期との付き合いは距離をおき、先輩や上司、そして社外のデキる人たちと仲良くなって、人脈を広げ、合コンの幹事をよくしていたそうです。 ●2)隠れ合コン女王――名幹事になって美人の後輩を集める  そんなM子の動きを、同期はほとんど把握していなかったのですが、M子の合コン相手の男性陣からは「M子に合コンの幹事を頼むと可愛い子を連れてきてくれる」と評判になっていたそうです。それもそのはず、M子は、大学の後輩でルックスのよい子にばかり声をかけていたのです。M子に声を掛けられた後輩の女の子たちは、「おごってくれるし、就活に役に立つ」と乗り気だったとか。  また、M子は、男性陣に全額おごりの確約を事前に取りつけ、その代わり安い店をセッティングするという、双方への気づかいを徹底していました。 ●3)“見た目より中身”に惚れる男は必ず現れる  自分より若くて可愛い子を連れて行ったら、男性がそちらに目を奪われてしまうと心配するかもしれません。しかし、チヤホヤされる可愛い女の子よりも、地味だけど面倒見のいいM子に惚れる男も一定比率でいるというのもまた事実。M子は淡々と、そんな男性が来るのを待っていたのです。  次々の舞い込む合コンのオファー。その中から、自分の理想の条件、すなわち一流企業勤務の三十前後の人が来るものを中心に受けていました。M子いわく、「若い男はガツガツしているし、頭が悪い」とバッサリ。  そして、ついに、理想の男性との縁が結ばれ結婚に至った、とのことでした。  友達や同期との付き合いがあまりなかったのは、裏でそんな風に動いていたからだったんですね。

“師匠”がM子に授けたものとは?

 なぜ、M子はこれほどスマートな戦略を取ることができたのでしょうか。とりたてて頭が切れるわけでもないM子がこんな戦略を考えつくはずもありません。そう、この戦略をM子に教えたのは人物がいるのです。それは、M子が社会人になった時から付き合っていた、コンサルティング会社勤務の男性でした。  その男性は妻子持ち、M子と結婚するつもりはなく、そのことをM子にもはっきりと伝えていました。その代わり、M子の将来を考え、事細かにアドバイスをしていました。M子は合コンのたびに内容を報告し、フィードバックを受けて、モテる力を確実に高めていったそうです。学生時代から平凡な女子力であることを自覚していたM子は、年上の彼氏を師匠とし、知恵を吸収して、そして夢の実現に結びつけたのです。  M子は言います。「普通、女は、男からお金や物をもらうと喜ぶけど、私は知恵をもらったの。そっちの方が価値があるからね。……って、この考え方も元彼から教えてもらったんだけどねっ!」  勝利を勝ち取った彼女の笑顔は、清々しいまでに輝いていました。  さて、みさきさんが、普通にこのまま普通に合コンを続けても、そこで素敵な男性に出会うのは難しいかも知れません。ぜひ、戦略的に考えてみて下さい。 【今日のひとこと】 「金より、知恵を与えてくれる男を選べ。そうすれば両方手に入る」 <TEXT/浅倉ヒロ PHOTO/Sergii Moskaliuk> 【浅倉ヒロ(あさくら・ひろ)】 表の顔は経済評論家として活躍。もう一つの顔としてカウンセラーでもあり、年間200人程の相談に乗っている。恋とお金の話をからめた恋愛コラムを執筆。 恋愛相談を希望の方はこちらへ→ hiro.asakura.love@gmail.com (※相談内容、事例は、個人情報を伏せ、一部内容をアレンジして紹介しています)
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ