Lifestyle

平熱36度以下の人はヤバい!謎の活力成分「ALA」で美魔女になる

 朝晩の気温の差が激しく、洋服選びが難しい今日この頃。私はチョイスに失敗したせいか、現在風邪が悪化の一途をたどっております。はぁ……、咳が止まらない。“健康であることの素晴らしさ”って、弱らないと実感できないんですよね。

平熱36.0度以下の低体温の人が増えている



 大事な時に体調を崩す筆者は、超冷え性。平熱35.7度と体温も低いです。実は、このように低体温の人は免疫力が低下し、さまざまな病気を発症しやすくなるんだそうです。

謎の活力成分「ALA」って何?

「健康な人であれば、平熱は36.5~37.0度程度。最近は、若い人を中心に平熱36.0度以下の低体温の人が増えているのです。体温が1度下がると、免疫力が30%も低くなるといわれています。体温を上げて血流循環がスムーズになれば、栄養と酸素をうまく体内に供給でき、なおかつ老廃物の排泄機能もアップ。さらに、体内に侵入したウイルスなどを排除する役割を担う白血球の機能が、正常に作用するようになります」(30代内科医女性)

体温を上げるには、どうしたらいいの?



 体温を上げられれば免疫力アップはもちろん、冷え対策にも効果的。では、体温を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?

 よく聞くのが、筋肉量を増やすこと。筋肉量の多い人は基礎代謝が高く、何もしなくても身体が熱を生産し続けているため、平熱も高いですよね。ただ、筋肉はすぐに増えるものではないので、毎日継続して運動しなければならないため、結構大変です……。

「基礎代謝を高める工夫を生活に取り入れることも、体温を上げるためには有効です。

 それに役立つのは、アミノ酸の一種のALA(5-Aminolevulinic Acid、5-アミノレブリン酸)という成分。ALAは、動植物の細胞内のミトコンドリアの中に存在し、私たちが活動するために使うエネルギー生産のもとなんです。つまり、ALAを体内に取り入れることでミトコンドリアが活性化され、代謝が活発になり、体温がアップするというワケです」(30代内科医女性)

基礎代謝を高める成分「ALA」って何?



 この聞きなれない成分ALAは、36億年前、地球上に生命が誕生したときにも関わっていたと考えられており、 生命の根源物質ともいわれています。

 ALAは体内でも作られますが、年齢と共にその生産量は徐々に減ってしまうため、食べ物から意識的に摂取することも大切。年齢を重ねることで減少するALAの合成を補うために、1日あたり約10~数10mgを摂取するのが適当といわれています。ALAを多く含んでいる食べ物には、ほうれん草などの緑黄色野菜や黒酢、赤ワインなどがあります。

 また、最近では世界初のサプリメントも登場しました。もともとALAは希少価値が高くて研究用にしか使えないぐらいでした。それが長年の研究で、酒・しょう油と同じ発酵技術で生産できるようになり、世界で初めて商品化されたサプリが『アラプラス』 シリーズです(SBIアラプロモ株式会社)。たとえば『アラプラス CoQ10』ALAと相性の良いコエンザイムQ10(CoQ10)、ビタミン、クエン酸、シスチン、リンゴ酸、ナイアシン、鉄分などの栄養素を配合したサプリで、一粒でALAを5mg、コエンザイムQ10を5mg摂取できるとか。

アラプラス CoQ10 ALA5mgは、実にほうれん草31kg分にも相当するそうです。運動する時間が取れない、食生活の乱れが気になるといった悩みがあるなら、試してみるといいかも。
 いつまでも若々しく健康でいたいものですね!

●http://www.5-ala.jp/shop/a/aM123/

<TEXT/廣野順子>




あなたにおすすめ