Job&Money

オフィスに“置き野菜”や“置きオカン”…ウチの会社にも欲しい!

「オフィスグリコ」などの“置き菓子”がある職場は少なくないでしょう。これが最近、お菓子以外にも広がって、いろいろな“置き○○”が登場しているそうです。

 以下、各サービスの公式サイトやメディア情報をもとに、いくつかご紹介しましょう。総務部長サン、我が社にも導入おねがい!

置き朝メシ「オフィスグラノーラ」



⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=159091

フルグラサーバー(1) カルビー株式会社が2014年10月にスタート。いまや朝食の定番となった「フルグラ」のサーバーを、企業のカフェコーナーやリラックススペースに設置。カルビーが展開する「朝食運動」の一環として、無償提供しているそうです。朝メシ抜きになりがちな私たちとしては、タダでフルグラが食べられるとはうらやましいですね。

フルグラサーバー(2)

オプトでの朝食提供風景

●導入企業:オプト、バンダイビジュアル、アスクル、駒澤大学など

 たとえばバンダイビジュアルでは、映像コンテンツやゲーム制作という職種柄、徹夜で仕事をするケースもありました。そこで、夜型の働き方を朝型に変える取り組みとして、社内で朝食の提供を開始。この朝型化を応援しようと、カルビーが「フルグラ」の無償提供を始めたそうです。

置き野菜「OFFICE DE YASAI」



置き野菜

公式サイトの商品紹介ページより

 株式会社KOMPEITOが2014年4月に正式スタート。職場に専用冷蔵庫を設置し、ミニトマトやキュウリなどそのまま食べられる新鮮野菜や果物(1パック100円~300円)が週1回配達される。小腹がすいたら野菜を食べればいいわけで、ダイエットにもなりますね。カップ入りの“置きおかず”、「OFFICE DE YASAIミール」も始まったそうです。

●導入企業:サイバーエージェントなどIT企業中心に多数

置きおそうざい「オフィスおかん」



株式会社おかん公式サイト

公式サイトより

 株式会社おかん(!)が、2014年3月にスタート。職場に専用冷蔵庫を置いて、おそうざいなどが定期的に配達される。従業員はおそうざい(1つ100円から)を買って、好きな時にレンジでチンして食べられる。「鯖の味噌煮」「肉じゃが」といったメニューは、職場におかんがいるみたいですね。

●導入企業:mixiやガイアックス、サイバーエージェントのグループ会社など数十社が導入

置きコスメ 「オフィス・コスメ」



 株式会社ハチモが2013年12月から本格的にサービス開始。女子トイレや給湯室に設置した専用ボックスに、生理用品、ストッキング、ネイルリムーバー、制汗シートなどが常備してある。2014年8月からは化粧品メーカーともタイアップし、化粧品のテスターやサンプルも。急に困ったときだけでなく、会社で新しいコスメを試す楽しさもありますね。

●導入企業:パソナグループなど数十社が導入

 こんなふうに色々なものがオフィスにあったら、便利ですよね。外国人が聞いたら、「うらやましい!」と言うか、「日本人はオフィスに長くいすぎるからね」と驚くか。

 興味があったら社長や総務に導入をおねだりしてみましょう。

<TEXT/女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ