Lifestyle

誘われると断れない…NO!が言えない女性につけるクスリ

汚ブス研究家・KENJIの「内面美人への道」VoL.14

 女子会に参加していると感じるのですが、自分の思っていることや考えていることをうまく表現できずに、悩んでいる女性が急増しています。

誘われると断れない…NO!が言えない女性につけるクスリ 思いを相手に伝えられないことで、勝手にストレスを抱えてしまい、毎日が苦痛になっている。飲み会など誘われる度に参加して、自分の生活がままならない状態になっている。本音の「NO!!」が、どうしても口から出る瞬間「YES!!」に変わってしまうのです。

 自分の感情を圧し殺して相手の顔色を伺う生活を、いつまで続けなければならないのかと悩み、脱したいけどどうすればいいのかわからない。それがサイレント女子です。

なぜ、「NO!!」が言えないのか?



その理由は容易に想像できます。

・誘いを断ったら、二度と誘われなくなるかもしれない。

・仲間外れにされるのではないかとついつい不安になってしまう。

・あとあとギクシャクするのが面倒だから誘いを受け入れる。

 いろいろ考えすぎて、結局自分の選択肢が正しいのかわからなくなってしまい、相手に流されるがままになってしまっているのです。

サイレント女子たちよ、これだけは言える!!



 全てとは言いませんが、誘いをかけてくる人のほとんどは、正直、相手のことなんて何も考えてはいないのです。自分の暇つぶしのためだったり、イベントの人数合わせだったり、自分を引き立てる脇役としてだったり。誘ってくる相手は、あなたを”都合がいい存在”としか思っていないかもしれません。

 そして、そういう自分勝手な人たちのことを、KENJIはサイレン女子と呼んでいます。サイレンのごとく一方的に騒ぎ立て、自分の欲望と感情のおもむくままに生きているタイプです。

 そういう人に合コンや女子会に誘われた場合、あなたが正直に「NO!!」と伝えても、「あっそうですか」とすんなり引き下がることが多いのです。だって、あなたのことに興味なんかないんですから。

KENJI美タミン注入~!!
「炎のように真っ赤に燃え盛るサイレン女子には青い服装で対抗よ!」
 やっぱそうよ、そういうこと。

 サイレント女子は深く悩んだり考えたりせずに、嫌なことは断ればいいんです。なぜなら、自分が思っている以上に、相手は何も考えていない事の方が多いからです。NOが言えない”汚(お)断りブス”にはなってはいけませんわね。

 それでは、ごきげんよう。

【KENJIからの一言】
⇒【動画】汚ブス研究家 KENJIからのメッセージVol.14 http://joshi-spa.jp/158780

<TEXT/KENJI PHOTO/Ron Chapple>

【KENJI プロフィール】
汚ブス研究家KENJI(株式会社スリースマイル 代表取締役)。
年間400回以上もの女子会に呼ばれ2,000人以上の女子たちの相談に乗りながら、心の汚い女性=汚ブスを研究する 『汚ブス研究家』として、女性たちが心から美しくなれるアドバイスをしている。女性の生態を知り尽くすKENJIはもともと大手芸能事務所で秘書やアイドルのマネージャーをしていたという謎の経歴を持つ人物でもある。著作に『女子会のお作法 「汚ブス」にならないための39か条』。テレビ出演なども多数。
(※ほぼ週休2日で女子会・マダム会に参加!!) http://ameblo.jp/threesmilesmilesmile/

KENJI
汚ブス研究家KENJI(株式会社スリースマイル 代表取締役)。 年間400回以上もの女子会に呼ばれ2,000人以上の女子たちの相談に乗りながら、心の汚い女性=汚ブスを研究する 『汚ブス研究家』として、女性たちが心から美しくなれるアドバイスをしている。女性の生態知り尽くすKENJIはもともと大手芸能事務所で秘書やアイドルのマネージャーをしていたという謎の経歴を持つ人物でもある。テレビ出演なども多数。(※ほぼ週休2日で女子会・マダム会に参加!!) http://ameblo.jp/obusu-kenji/
女子会のお作法 「汚ブス」にならないための39か条

日本初! 女子会をテーマにした初めての本が登場! テレビで話題の「日本一女子会に呼ばれる社長」1年間に呼ばれた回数、408回! 2000人以上を感動させた「愛される」を実現する方法を伝授!!




あなたにおすすめ