Gourmet

ボージョレ・ヌーヴォに合う音楽は?味はBGMで変わる

 ボージョレ・ヌーヴォも解禁、新酒のワインが楽しめる時期となりましたね。元DJで空間音楽プロデューサーのTOMOです。

 ワインと音楽のマリア―ジュって意外と大切なんです。もし聴く音楽によって味を変化させたり、より一層そのワインの特徴を際立たせてくれるといったら……興味がそそられませんか。

ボージョレ・ヌーヴォに合う音楽は?味はBGMで変わる

ワインとBGMの深い関係



 ヘリオット・ワット大学のエイドリアン・ノース教授とチリのワイン醸造家アウレリオ・モンテス氏がワインとBGMの関係について面白い実験をしました。

 どんな実験かというと、250人の大学生を5つのグループに分け(男女半数ずつ)4つのグループは15分間BGMを聴きながらワインを飲み、残りの1グループはBGMはなしでワインを飲み味覚に変化がでるか実験したのです。

 ちなみに、飲むワインは、2005年のアルファ・カベルネソーヴィニヨンまたはチリ産シャルドネでした。なんと、BGMありの学生の味覚に変化がでたんです。

 カルミナ・ブラーナのように音が大きくて重々しい音楽を聞きながら、カベルネ・ソーヴィニヨンを飲んだ場合ワインの味がより力強くヘヴィーに感じられたようです。

 一方、チャイコフスキーの花のワルツのような静かな音楽を聞きながら飲んだ場合ワインの味がよりすっきりとして洗練された味わいに感じられるたようです。

 Nouvelle VagueのJust Can’t Get Enoughのような活発で元気のでる音楽を聞きながら飲んだ場合シャルドネの爽快さを際だたせるそうです。

 エイドリアン・ノース教授は、脳がさまざまな部位の神経細胞を刺激し、その箇所が音楽のタイプによって異なっているため味の感じ方も異なってくるだろうと推察しています(注1)。

軽やかで楽しいフランスの音楽はいかが?



 ちなみに、音楽の聴覚刺激で甘味における味覚の感受性に影響を与えるという実証もされているんです。好きと感じる音楽に効果があるようですが、聴いている音楽が、不安やストレスを軽減してくれることで甘味における味覚の感受性が増大したとされています(注2)。

 確かに、お食事をいただくにしても、楽しい仲間や好きな人と一緒にいただくお食事はなんとも美味しく感じますよね。そこには会話という声の音があり、その音により不安やストレスが軽減されているのでしょう。もちろん、楽しさもありますから、格別に美味しいと感じるのかもしれません。

 ボージョレ・ヌーヴォの特徴といえば、その年にできた新しいワイン、味も若々しく爽やかな味で、渋みが少なく、新鮮な果実の酸味が魅力ですよね。

 つまり、ボージョレの特徴を活かした音楽が、さらに美味しく感じさせてくれることになります。そうですね、軽やかで爽快な楽しい曲がおすすめです。さらに、好きだなぁ~と感じる音楽なら甘味もより感じられるでしょう。お試しください♪

【ボージョレ・ヌーヴォの魅力を出すフランス音楽】

●乾杯~!は、CMでお馴染みのコレで盛り上げちゃおう♪
C2C ― Happy feat derek martin  (7曲目)
https://itunes.apple.com/jp/album/tetra/id600530795

●ちょっとお洒落なフレンチハウスでダンシング~♪
Dimitri from Paris - This is your life (DJ afro mix) (4曲目)
https://itunes.apple.com/jp/album/will-work-for-fun/id272241002

●フレンチJAZZでちょこっと大人気分~♪
MELODY GARDOT ― If the stard Were Mine(Orchestral version) (12曲目)
https://itunes.apple.com/jp/album/my-one-and-only-thrill/id308005298

●みんなでワイワイお話中にも心地よいフレンチポップ♪
Finally Woken ― Wish I (7曲目)
https://itunes.apple.com/jp/album/finally-woken/id277045296

【ワークショップ インフォメーション】

●『満月の宵の響き』~声と惑星の音による瞑想会~
【日時】12月6日(土)午後4時~午後6時
【場所】渋谷 代々木上原
詳しくは、こちら(http://murayamatomomi.com/?p=2242

●『1Day セミナー 夢を叶える音の魔法』
~神秘のソルフェジオの秘密や音・声のチカラを体感する~
【日時】12月7日(日)午前10時~午後5時
【場所】渋谷 松濤
詳しくは、こちら(http://murayamatomomi.com/?p=2138


1)Adrian C.North’The effect of background music on the taste of wine’The Journal of Psychology 2012 No103 p293-301
2)草野寿之「聴覚刺激が味覚機能に及ぼす影響-甘味と塩味について-」顎機能誌 J.Jpn.Soc.Stomatognath.Funct 19 2013 p154

<TEXT/村山友美 PHOTO/Wavebreakmedia Ltd>

TOMO(村山友美・むらやまともみ)
レコード店勤務の後、シンガー・DJとして日本・海外で活動。現在、「空間音楽プロデューサー」として新しいスタイルのBGM提案を行う。また、声分析ソフトで心の状態や才能を見出す「声ドック」、「ホリスティック・サウンドヴォイス・セラピー」も行う。大学講師、経営学博士。一般社団法人日本サウンドハート協会・代表理事 公式ウェブサイト(http://murayamatomomi.com




あなたにおすすめ