♂&♀

自分を「ボク」という非モテ処女、風俗嬢になったらナンバー1に

処女で風俗嬢――。信じられないことに、今、風俗店で働く処女が急増しているという。女子大学生の「性体験ナシ」率が約53%と急上昇する昨今(※)、その波が風俗業界にも影響しているのか? 実際に風俗で働く処女のみなさんに取材してみた。
(※財団法人・日本性教育協会調べ、2011年)

愛読書がエロ漫画という不思議ちゃん



 東京東部にある「処女・未経験専門デリヘル」で指名ナンバー1を誇る、まりなさん(20歳)。だが、これまでの人生は「超非モテです!」と話す。

「ボクは、昔からずっと愛読書がエロ漫画で、特に『快楽天』が“神”なんです。男子とも下ネタで盛り上がってたから、『お前は女子とは思えない』とか言われちゃって……。おかげで、いまだに男性経験ゼロの超処女です!」

 ……そもそも一人称がボク?

「ハイ。クセなんです(笑)」

自分を「ボク」という非モテ処女、風俗嬢になったらナンバー1に そんな彼女だが、高校卒業後には初彼氏ができたこともあるとか。ところが、「(挿入)直前まではいったんですけど、エロ漫画の影響か『処女喪失=激痛』の幻想に囚われすぎて怖くなって……。それで、股間以外で男性を鎮める術を勉強していたら、今のお店の求人を見つけたんです。挿入はなくてコスプレもできるし、『黒髪処女を急募』という募集文句。『コレ、ボクじゃん!』と即応募しました」。

 仕事の中身は、客が待つホテルなどに派遣されて、メイドやらスクール水着やらのコスプレをしたり、“本番”以外のサービスをすること。コスプレ好きなので、時には自前のコスプレも使うという。

 今ではプレイ中に「絶頂」も経験して、「これでHをしたらどうなっちゃうの?」と期待感も高まっているとか。……だったら、すればいいんじゃないですか?

「でも、処女を続けるうちに相手への希望条件が年々エスカレートしちゃってまして(笑)。そうそう、ウチの店ってアキバ系のお客さんが多いからか、童貞の人も来るんです。処女と童貞でHなことしてるって、超面白いですよね!!」

 世の中には“風俗が適職”という女性もいるのかもしれない……そんな気がしてくる不思議ちゃんであった。

― [処女風俗嬢]増加現象を追う【6】 ―




あなたにおすすめ