電話占い師に離婚を報告したら…!【シングルマザー、家を買う/1章・後編】

【シングルマザー、家を買う/第1章】

バツイチ、2人の子持ち、仕事はフリーランス……。そんな崖っぷちのシングルマザーが、すべてのシングルマザー&予備軍の役に立つ話や、役に立たない話を綴ります。

⇒【前編】はコチラ

泣きながら悩みを訴えて8700円ナリ!



 そして出た結果は驚くべきものだった。まず、何も言っていないのに旦那(出版社勤務)は「紙を仕事にしている」ということ。かなり遠方に転勤したということ。離婚歴があるということ。ドンピシャやん!

吉田可奈

崖っぷちシングルマザーの筆者

 今考えると、これくらい当てるのはもしかしたら簡単なのかもしれないが、もう悩みのブラックホールに足を一本突っ込んでいる私は、知らず知らずのうちにこの占い師の手中にはまっていた。

 さらに呉龍は、私に子供がいること、不安定な仕事に私がついていることまで当ててきたのだ。もうここまでくると深夜2時の悩める女性の大半は「一生ついていきます!」モードになるだろう。私もそのうちの一人になっていた。これまで占いなんて信じないタイプだったのに、一気にこれまでの悩みを彼に打ち明けていたのだ。しかも泣きながら。

 1時間ほどたっただろうか。呉龍は最後まで「大丈夫、離婚はしないですよ」と、まるで未来が見えているかのように安心させてくれていた。当時の私は別れることだけはしたくなかったのだ。きっと、その言葉を聞きたかったんだろう。すごく安心して、電話を切った。

 その後の請求金額…8700円! う~ん、コレは心理カウンセリング料金にするとしよう。そうだ、心の「てもみん」だとおもえばいいんだ! 

占い師に離婚を報告したら……



 これをきっかけに、私は電話占いにドハマリしてしまうのだった。あまりのドハマりっぷりに、この呉龍を友達にやたら宣伝し、地元の仲間はほとんどといっていいほどに電話をかけた。さらにその宣伝は仕事仲間まで侵食しはじめ、新手の宗教の勧誘レベルまでいっていたように思う。当時の友達同士の会話は、「昨日も魔法のじゅうたん呼んじゃった~」というのが定番になっていた気がする。類友とはこのことだ。あらためて、友達には恵まれていたと思う。

 きっと、私と私のまわりの友達のおかげで2010年の呉龍の年収は、いつもよりも絶対に跳ね上がったに違いない。だって、どんな話でもゆっくり、じっくり聞いてくれる呉龍に対し、30手前にした私が“今日も電話しちゃお”って恋する乙女ばりにお金をつぎ込んでいたのだから。そりゃそうだ、お金が発生してるんだから、丁寧に話を聞いてくれるし、肯定してくれるのは当たり前だ。でも、そんなこと、当時は1mmも思わなかった。

 その当時、仕事をしてもしても貯まらないお金のことを仕事相手である編集さんに相談すると、「私は呉龍にギャラ払ってんじゃないからね!」と真剣に怒られたこともある。ごもっともだ。最初に相談してから半年あまり。あまりに呉龍を信じすぎて、判断が自分で出来なくなり、どんな些細なことも「これはこう言った方がいいですか?」と聞くようにまでなってしまっていたのだ。

 最初は重かったサイトの雲の動画は、この頃にはなくなっていた。なかなか晴れない悩みを表現しているとおもわれたくなかったのだろうか。最近、占い師に洗脳されてしまう話などをよく聞くが、正直、洗脳される心理がわかってしまう自分のダメさ加減にさすがにヘコんだ。

 しかし、その1年後、あるきっかけを機にはっきりと離婚を決めた私は、呉龍に電話で報告することにした。すると、呉龍は声が裏返り、「え! そうなの!?」と言ったのだった。これはさすがに衝撃的だった。

……なんだよ、視えてないじゃん!!

 しかし、ここまで積み上げてきた関係(お金発生してるけど)のおかげで、そこは受け流し、あれから2年経った今でも、悩めば元気をもらいに呉龍に電話をかける私がいる。もはや、リラクゼーションだ。

 そして今日も、呉龍は『魔法のじゅうたん』のHPで占いを受付中である。

※「呉龍」「魔法のじゅうたん」は仮名です。

<TEXT/吉田可奈 ILLUSTRATION/ワタナベチヒロ>

⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【吉田可奈 プロフィール】
80年生まれ。CDショップのバイヤーを経て、音楽ライターを目指し出版社に入社。その後独立しフリーライターへ。現在は西野カナなどのオフィシャルライターを務め、音楽雑誌やファッション雑誌、育児雑誌や健康雑誌などの執筆を手がける。23歳で結婚し娘と息子を授かるも、29歳で離婚。座右の銘はネットで見かけた名言“死ぬこと以外、かすり傷”。Twitter(@singlemother_ky

※次回更新は12月31日を予定しています。

シングルマザー、家を買う

年収200万円、バツイチ、子供に発達障がい……でも、マイホームは買える!

シングルマザーが「かわいそう」って、誰が決めた? 逆境にいるすべての人に読んでもらいたい、笑って泣けて、元気になる自伝的エッセイ。

あなたにおすすめ