Gourmet

これはウマイ!厚さ5センチ「シカゴピザ」って知ってる?

 食べたいものは、すぐ試せ。

 世の中には食べたことのない絶品グルメが、数知れず存在します。昨年、たまたま同時期に家族や友人の話に出てきたのが、『シカゴピザ』という料理。とにかく「美味しい」、「ハマる」、「また食べたい」を強調され、気になって調べてみることに。

シカゴピザ そこで今回は、「シカゴピザ」がどんな食べ物なのかを調査、実食レポートを交えてお届けします。

「シカゴピザ」ってどんなもの?



 百聞は一見にしかずということで、まずはビジュアルからご覧あれ。シカゴにある有名ピザチェーン店「GIORDANO’S(ジョルダーノス)http://giordanos.com/」のFAMOUS STUFFED PIZZA。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=179398

シカゴピザ 深い鉄鍋に、パイのような生地を敷き、その中に具材やチーズをたっぷり詰めて、オーブンで1時間以上焼き上げているんだとか。厚さはなんと5センチ以上! この分厚さから「ディープ・ディッシュ・ピザ」と呼ばれ、通称「シカゴピザ」としてシカゴの名物料理に。その歴史は古く、1943年に「ウノ」というピザレストランで誕生して一躍有名となり、アメリカではイタリアンピザやアメリカンピザに並ぶ人気ピザとして広がっています。

 うー、これは見ただけでも美味しそう……。アメリカに行かずとも食べられる方法はないだろうか? と探したところ、ありました! 日本でシカゴピザが食べられるレストランを発見しちゃいました。

日本でシカゴピザが食べられるレストランに行ってきた!



 そのお店とは、東京・神田にある「DEVIL CRAFT(デビル・クラフト)http://www.devilcraft.jp/」。

 休日の夕方5時前に到着したにも関わらず、店内すでに超満員! 6時までに席を空ける約束で、ぎりぎり1テーブルを確保できました。聞けば、平日は2週間先まで予約がいっぱいなんだとか。知る人ぞ知る人気店なのでしょうか。

デビル・クラフト 入店してすぐさま、「ピザを焼くのにすごく時間がかかるので、今すぐ頼んでください」とうながされ、オススメされた「デビル・ワークス」のラージサイズを注文。サラダを食べながら待つこと45分。ついにお目当てのシカゴピザが登場したのです! それがコチラ。

シカゴピザ す、すごいボリューム! そして噂通りの分厚さです! 具材は、ペパロニ、サラミ、自家製ソーセージ、マッシュルーム、紫玉ねぎ、ピーマン、ホウレンソウ、フレッシュトマト、オリーブ。ベースには、モッツァレラ、パルメザン、プロボレーネの3種チーズと、自家製トマトソースがたっぷり使われています。1カットは、こんな感じ。

シカゴピザ さっそくアツアツのうちにいただきます。ひとくち食べて夢ごごち……。このトロリとしたジューシーさ、食べたことのない未体験ゾーンに突入してしまいました。文句なしに超うまいっ! これは、ピザというよりラザニアに近いのか?いや、粉モノ感や油っこさは限りなく控えめで、あくまでも主役は具材。スパイスやハーブも絶妙に効いていて、2ピース3ピースは軽々食べれてしまいます。

 お店の人いわく、「こんなにも(焼くのに)時間がかかるピザなんて、普通のピザ屋は絶対やりたがらないですよ」とのこと。そんな理由もあって、ブームになるかはわかりませんが、噂通り、いやそれ以上の極ウマB級グルメでした!

<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。




あなたにおすすめ