Gourmet

焼肉のカロリーを半分に…そうだ、羊肉でいこう!

 干支にちなんで、ダイエット。

 年末年始のごちそう三昧で体重増加に悩んでいる人はいませんか?実は私もその1人。気がつけば体重が2キロ増。これはヤバイ……。早いうちにちゃちゃっとダイエットができないか、真剣に考えはじめました。そして、美味しく食べながら綺麗に痩せられそうな都合の良い食材を探していたところ、今年の干支(えと)が思い浮かんだのです。そうだ、「未(ひつじ)」だ!

羊肉1 そうです、今回は未年の「羊」に注目。羊肉を使った嬉しいダイエット法についてのお話です。

羊肉は、美ボディダイエットに最適な肉だった!



 昨年末、トレーニングで鍛えられた体のかっこよさ・美しさを競うコンテスト「ベストボディジャパン(http://bestbodyjapan.com/)」準優勝に輝いた俳優・金子賢の体脂肪はなんと3%台。インタビューでは、ムキムキボディ作りの秘密を「ラム肉」だと語っていました。そこでまずは、羊肉の嬉しい魅力についてまとめてみました。

羊肉2(1)低カロリー高タンパク

スーパーや焼肉店などで見かける羊肉は、1歳未満の子羊「ラム肉」。見るからに脂肪少なめで赤身が多そうですが、他の食肉と比較してみたところ、牛や豚に比べて驚くほど低カロリーでした。しかも、タンパク質量はトップなのに、脂質量は半分以下というヘルシーさ。鶏肉も優秀ですが、焼肉で食べることを考えると、食べごたえのあるラムに軍配が上がりそう。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ
http://joshi-spa.jp/?attachment_id=181068


カロリー表(2)脂肪燃焼を促進するカルニチンが豊富

ラム肉には、「L-カルニチン」という成分が豊富。この物質、ダイエットサプリとしても有名ですが、脂肪燃焼をサポートする効果が期待できます。その量は、牛肉の1.5倍、豚肉の2倍以上。肉の赤い部分に多く含まれる物質なので、鶏肉にはそれほど含まれません。

ちなみに、ラム肉の炭水化物量(糖質量)はほぼゼロなので、ごはんの量を上手にコントロールすれば、綺麗に痩せられるダイエット食材として活躍間違いなし!さあそれでは、料理の話に移りましょう。

ラム肉をもっとヘルシーに美味しく食べるコツとは?



 ラム肉の調理には、肉質の柔らかさを生かしつつ、肉の臭みを取って旨みを引き出す「マリネ法」がオススメ。マリネとは、食材を油・調味料・スパイスに漬け込む調理法ですが、今回は市販の「焼肉のタレ」に、「スパイス」を追加するだけの超簡単アイディアをご紹介します。

(1)「ショウガ」で脂肪燃焼効果アップ

カラダを温める効果で有名な生姜(ショウガ)。生ではなく加熱することで代謝促進・脂肪分解効果が期待できるため、すりおろしたショウガをタレに加えれば、ラムのパワーを高めることができちゃうんです。

(2)においが気になる人には「オールスパイス」

「独特のにおいが苦手」という方には、「オールスパイス」を。「百味コショウ」と呼ばれるスパイスで、クローブ、ナツメグ、シナモン、こしょうを合わせたような香りを持ち、肉料理には万能なんです。

調味料と薬味

どちらもスーパーで手軽に買えちゃいます

「カット野菜をレンジでチン」でカサ増しを!



 どんなにヘルシーだと言っても、食べ過ぎには要注意。そこで便利なのが、100円程度で買える「袋入りカット野菜」。最近ではミックス野菜のバリエーションも広がり、コンビニでも購入することが可能です。ゆでるのが面倒な人は、洗った野菜を耐熱皿に入れてラップをし、3~4分レンジでチンすればOK。今回は、最もシンプルな「もやし」をたっぷり盛りつけました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=181045

羊肉 調理例 さあ、今年は羊肉ダイエットでスリムボディを手に入れましょう!

<TEXT, PHOTO/スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana




あなたにおすすめ