♂&♀

不倫のデート代が足りない! パート主婦がとったトンデモ行動

 女性にとって、浮気や不倫は何かとお金がかかる。というのも、男性は自分の本命ではない女性にあまりお金を費やさない傾向があるからだ。特に人妻となれば、夫の、または二人分の経済力を期待されて、「ホテル代は毎回私持ち」という女性も少なくないのだとか。  そんな不倫ライフの資金を、さらなる不倫で賄おうとしたツワモノがいる。 金欠の人妻

田川美奈子さん(仮名・29歳・パート)さんの場合

「独身時代から浮気性で、最高は6股」と語るのは、5歳の息子を持つ田川さん。真面目一辺倒の夫に嫌気がさし、彼女が浮気を始めたのは結婚4年目、27歳の夏のことだった。相手は、SNSゲームで知り合った2歳上のガテン系の既婚男性。 「彼とは体の相性がよくて、子供が保育園にいる間、ひたすらラブホでヤリまくってました。夫の出張中は私の自宅で、眠る息子の横でセックス三昧。息子に『何してるの?』と聞かれたことも」  さすがに子供の前ではダメだろう、と諭したいところだが、彼女の欲求はさらに増していく。浮気相手がケチでデート代を出さなかったため、金欠になった田川さん。お金を稼ぐために彼女がとった戦略は、別の男性とも浮気を始める、という何とも斬新なものだった。 「SNS上で『会うならお小遣いをあげる』という12歳年上のオジサンと知り合って。加齢臭がキツい人で嫌だったんですけど、『お金のため』と自分に言い聞かせながらセックスしてましたね」  面倒くさがり屋な性格のため、「浮気相手とも常にナマ」だったという彼女に、案の定、妊娠が発覚。 「おそらくオジサンとの子だったので、すぐに中絶手術を受けました。17歳の頃にも中絶したことがあるので、できればしたくなかったんですけど」  そんな大事件にも懲りず、2人の浮気相手に会うため、彼女は深夜外出が増えていく。そんな妻を不審に思った夫が、ケータイをチェックして浮気が発覚。泣いて謝り、なんとか離婚は免れ、今はどちらの相手とも関係を清算しているという。 「もう夫を裏切りません。でも、ガテン系の彼は本当に好きだったので、残念ですね。彼を思うと、胸が熱くなりますよ」  この発言、絶対に懲りてない! ― SNSの進化で大激増! 妻の浮気・不倫の実態【7】 ―
Cxense Recommend widget
「最高の離婚」のつくりかた──The Best Divorce

「最高の離婚」―それは、後悔のない、次なる幸せのステージに向かうための決断。史上最強の離婚弁護士軍団と岡野あつこが、あなたの人生に「幸せ」をつくります。




あなたにおすすめ