Lifestyle

足先が凍ってます…長年の「冷え症」を本気でどうにかする方法

 冷えてかじかんだ手ではパソコン操作もままならず、タイツと靴下をどれだけ重ねばきしても足先は氷のように冷えきったまま。だから、冬は大嫌い! という方は多いのではないでしょうか。

足先が凍ってます…長年の「冷え症」を本気でどうにかする方法

10年冷えっぱなしで、あきらめモードの人も



 全国の20~50代の600名の女性を対象にした「女性の冬期の悩み関する意識調査」(日本ナットウキナーゼ協会調べ※)でも、体調を崩しやすい季節として「冬」と答えた人がもっとも多く(35.2%)、冬場の体調の悩みは「冷え」と答えた人は7割以上もいたんです。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ
http://joshi-spa.jp/?attachment_id=187825


Q1

冬の悩みは圧倒的に「冷え」!

 さらに「冷え症」についての質問では、89%の人が冷え症だと自覚していると回答しています。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ
http://joshi-spa.jp/?attachment_id=187827


Q2

「冷え症だと感じたことのない」8.7%の人がうらやましい……

 女性の9割が冷え症!

 この数字を見て、私だけじゃなかった……と安心してはいられません。

 さらにアンケートを見ていくと、冷え症だと認識してからどれくらいか? という質問に対して、「5年~10年未満」と答えた人は20.8%、「10年以上」と答えた人は39.5%。これらの人が実践してきた対策は、「洋服の厚着(62.1%)」、「暖房器具の近くから離れない(38.5%)」、「就寝時に湯たんぽや電気毛布を使う(39.4%)」といったおなじみのものばかり。つまり、逆にいえば、あなたも私もこれからずーと、冷えっぱなしということになのです。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ
http://joshi-spa.jp/?attachment_id=187841


Q3

冷え症とともに生きている人は多い

 アンケートに答えた人は、すでにあきらめモードのようで、冷え症脱却へ「どんなことでも!」と意欲を見せる人はたった13.0%。「例年通りの対策」28.9%、「楽な対策なら」33.9%、「改善したいがとくに対策は考えていない」23.9%と、みんな、「楽して治るならいいけど、だって、どうしようもないでしょ」という感じ。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ
http://joshi-spa.jp/?attachment_id=190132


Q4 あきらめちゃう気持ち、わからなくもありません。でも、来年も再来年も、5年後も10年後も冬は必ずやってきて、この刺すような冷えの苦しみを味わい続けるのか!? と思うと、やっぱり改善できるものならしたいですよね。

ふくらはぎマッサージや“ネバネバ成分”に注目!



 体の各パーツを刺激することで自然治癒能力を高める総合療法を推進する「日本ゾーンセラピー協会」の大谷由紀子さんによると、「冷え症の原因はエアコンや環境、食べ物、あるいはストレスによる自律神経の乱れなどさまざまですが、なかでも、座りっぱなし、立ちっぱなしで血液は心臓にかえすふくらはぎの筋肉の働きがうまくいっていないことが多い」そうです。

日本ゾーンセラピー協会 大谷由紀子さん

日本ゾーンセラピー協会 大谷由紀子さん

 実際、前述のアンケートでも、「冷え症ではない」「冷え症を克服した」という人からは、「ウォーキングなど体を動かすことを意識している」「筋力を上げたら『冷え』が気にならなくなった」といった答えが多く見受けられました。

 よく言われることだけれど、冷え症改善にはやっぱり血行が大事! だそう。

「お風呂につかってのふくらはぎのマッサージや、おふとんに入ったときの足首の曲げ伸ばしも効果的です。呼吸をふだんから意識すれば血液の中の酸素が増えるし、ストレスを軽くしてくれ、自律神経のバランスを整えるのにも役立ちます。

 あとは、血液や体の成分となる食べ物ですね。体を暖める成分、血液サラサラにする成分としてはココアや緑茶、ショウガ、海藻類などが有名ですが、納豆のネバネバに含まれるナットウキナーゼも血液をサラサラにして流れをよくしてくれます」(大谷さん)

納豆卵がけごはん

日本人のソウルフード、納豆卵がけごはん!

 いきなりこの寒空にウォーキングとかムリだけど、お風呂場でのマッサージならはじめられそうですよね。ナットウキナーゼは、もし納豆が苦手でも、最近ではサプリメントが出ているようです。

 体の中と外と中からのケアで、一足お先に「脱・冷え症」! 来年の冬は楽しみになるかもしれません。

調査の詳細はこちら⇒「日本ナットウキナーゼ協会」 http://j-nattokinase.org/lp/

※日本ナットウキナーゼ協会が、全国の20~50代の600名(各世代150名)の女性を対象にインターネットを通じて調査(調査期間:2014年12月25日~26日)

<TEXT/女子SPA!編集部>

女子SPA!編集部
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。




あなたにおすすめ