えりまきトカゲアイスに、スッパイマン…沖縄限定アイスがレアすぎる!

こんにちは。コンビニアイス評論家のアイスマン福留です。

先日、沖縄まで行ってきました。観光はほとんどせずに、コンビニやスーパーをまわりアイス探し。今回は沖縄でしか食べられない地域限定アイスをご紹介します。

⇒【Vol.1】「アンパンマンアイスに、ちんすこうアイス!? 沖縄限定・コンビニアイスの旅」 http://joshi-spa.jp/185846

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=188503

明治ヤンバルクイナ



 人気アイス「明治ヤンバルクイナ」の復刻版。

 商品名が、国の天然記念物「ヤンバルクイナ」ですからね。レア感、ハンパじゃありません。

 チョコブレンド味、あっさりとしたチョコレート風味のラクトアイス。当たり付きです。

明治ヤンバルクイナ

明治エッセルスーパーカップ 沖縄限定版



 おい。この商品は全国どこでも買えるじゃないか…と、思いますよね?

 しかし、こちら「沖縄限定版」のスーパーカップなのです。

 レシピは通常のスーパーカップと同じなのですが、使っている素材が違うそうです。

 実際に食べてみましたが、通常版に比べてやや(気持ち)風味が豊かでした。…たぶん。

明治エッセルスーパーカップ 沖縄限定版 そのほかに、沖縄にはこんなローカルアイスもあります!

明治えりまきトカゲ(マルチ)



 1980年代に大流行した「エリマキトカゲ」。懐かしいっ!(笑)

 現在は、ファミリー向けのマルチパックのみ販売されています。

 チョコレート味のラクトアイスをホワイトチョコでコーティングしたシンプルなアイスバー。

 この、“えりまきトカゲ”の脱力感のある表情がたまりません。

明治えりまきトカゲ(マルチ)

チョコレー島のチョコ原人(マルチ)



 こちらも、現在はマルチパックのみ販売されています。

 サクッとした食感。チョコレート風味のラクトアイスバー。

 しっかりとチョコのコクも楽しめて、後味はさっぱり!

 子供の頃に駄菓子屋で買ったチョコアイスを思い出します。

チョコレー島のチョコ原人(マルチ)

エムアンドビー株式会社とは?



 明治乳業のアイスの製造元を確認すると、どれも「エムアンドビー株式会社」と記載されている。

 この、エムアンドビー(M&B)とは、「明治乳業」のエムと、沖縄の有名アイスブランド「ブルーシール」、両社の頭文字を取った社名。

 つまり、ブルーシールのアイスも、沖縄明治乳業のアイスも同じ工場で作られているのです。

スッパイマンアイスキャンディー



 沖縄のお土産では超有名。上間菓子店のスッパイマンシリーズのアイスキャンディー。

 味は、梅ガムのような味わい。結構濃厚でした。

 これ、梅好きの人には是非とも食べていただきたいアイスです。

 http://www.amaume.co.jp/

スッパイマンアイスキャンディー 今回は、コンビニ、スーパーを中心にアイス探索をしましたが、まだまだ「雪塩ソフト」や「ぜんざい」「アイスクリン」など、食べていないものもたくさん。

「ファミリーマート」や「ローソン」、「ココストア」、「Aコープ」、あとはイオン系スーパーの「ジャスコ」、「マックスバリュー」、「サンエー」、「ユニオン」、「かねひで」、「りうぼう」などをまわりました。

 九州も近いので、鹿児島の「セイカ食品」の商品が多かったのも印象的でした。

 あとは、冬間近でも「袋入りのかき氷」を取り扱っているお店が多いのも沖縄ならではですよね。

 食べたアイスをすべて掲載するとキリがないので、商品紹介はこの辺で。続きはまたの機会に!

 続いて、沖縄のアイスクリームショップをご紹介します。

⇒【Vol.3】「アイス好き必見!沖縄の浦添市はローカルアイス天国だった」に続く http://joshi-spa.jp/188261

【アイスマン福留】
年間約1000種類のコンビニアイスを食べ、情報サイト「コンビニアイスマニア」を運営。今まで存在しなかった「アイス評論家」を勝手に名乗り、多くのメディアに取り上げられる。著書に『バカが武器

―アイスマン福留の「コンビニアイスマニア」女子SPA!出張版(28)―

アイスマン福留
年間約1000種類のコンビニアイスを食べ、情報サイト「コンビニアイスマニア」を運営。今まで存在しなかった「アイス評論家」を勝手に名乗り、多くのメディアに取り上げられる。著書に『バカが武器




あなたにおすすめ