Gourmet

バレンタインは話題の“おにぎらず”で一歩リード!男子人気ベスト3も発表

 まもなくバレンタインですね。チョコの準備はしていますか? 最近は、好きな人にあげるよりも、自分で食べるためにチョコを買う女性たちが増えていますよね。

 実際のところ、「甘いものは苦手」という男性は多いので、チョコは女性が食べるのが理にかなっているかも?

 でも、「そうは言っても、なにか貰いたい」という男性は多いもの。そこで、男性陣に何が欲しいかを軽く調査したところ、「食べ物なら簡単に食べられて、おなかにたまるものがいい」と言う声が多かった。ということで、今回は巷で話題沸騰の“おにぎらず”を推薦してみたいと思います。

おにぎらずの本

『おにぎらずの本』(泰文堂)

 おにぎらずとは、焼きのりでご飯と具を包んだもので、にぎらないから“おにぎらず”。

 のりに「ご飯、具、ご飯」と重ねて包むだけなので、あっという間にできるんです。また、具沢山にできるのも、おにぎらずの特徴と言えそう。つまり、単なるおにぎりよりも男ゴコロをつかめる品を作りやすいってコトですよ。

 では、どんな“おにぎらず”が、男性に人気なのでしょうか? 料理研究家・オガワチエコさんの“おにぎらず”レシピを126品も紹介した見ごたえたっぷりのレシピ本、その名も『おにぎらずの本』(泰文堂)を先月発売した出版元の松原さん(男性)にお伺いしました。

握らない“おにぎらず”は、具のバリエーションが多彩!



――松原さん、“おにぎらず”で男ゴコロを掴むには、どんな内容がオススメですか?

「そうですね、まず“おにぎらず”はおにぎりと同じように片手で食べられますので働く男性でも食べやすく、しかしおにぎりよりもボリューム満点に作れるので、男心を掴むのにぴったりのメニューだと思います。しかも、おにぎりよりも“ふんわり”と仕上げることができるので、男性ウケする濃い味付けにもとてもよく合うんです」(泰文堂・松原さん、以下・同)

――その中でもオススメの具材は?

「本書では、オガワチエコさんとおにぎらず好きの仲間で作った“おにぎらず研究会”が選んだ“おにぎらず”ベスト10をご紹介しています。研究会のメンバーは、働き盛りのシングル男性も多いですから、このベスト10はかなりオススメです」

――ではベスト3を教えてください。

「はい。まず、ベスト1は“角煮”です。みんな大好きな角煮をどどんと入れた“角煮おにぎらず”は、肉のボリュームにふんわりとしたご飯の食感、それに甘辛いタレがしみ込んで、まさに絶妙の一言に尽きる組み合わせと言えましょう。角煮の大きさや量を調整することで、違った食感やボリュームを出せるので、更にお好みに合わせられます」

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=194472

おにぎらず

ベスト1は“角煮のおにぎらず”

第2位は“ポーク卵”です。おにぎりの具材として、沖縄などでも人気の高いポーク卵ですが、おにぎらずでもやはり美味しい一品です。特に、卵との柔らかい口当たりはおにぎらずならではのものです。ごはんに絡みつくポークの塩味は、やみつきになりますね」

おにぎらず

お握りでも人気の“ポーク”が2位

「そして、第3位は“ツナマヨ”です。こちらもまた、おにぎりの具材としても定番中の定番ですが、おにぎらずでも定番となりそうです。おにぎらずでは、更にマヨネーズが全体に広がっていっそう旨味が増すと思います」

おにぎらず

ツナの男子人気は不動!

 なるほど! “おにぎらず”の世界って奥深いと言いますか、おにぎり以上に具のバリエーションが自由自在なんですね。

『おにぎらずの本』では、誰にでも簡単に失敗なく作れる“おにぎらず”のレシピを紹介している他、焼きのりでなく、春巻きの皮を使って作るスイーツ“おにぎらず”や、休日の昼食などに“おにぎらず”と一緒に食べたい簡単な汁ものまでを掲載。

 彼にいいところを見せたい女性だけでなく、グループデートで気の効いた一品を持って行きたいシングル女性にも使える内容と言えるかも? バレンタイン以外でも、活用していきましょう!

<TEXT/にらさわあきこ PHOTO/『おにぎらずの本』(泰文堂)より>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【にらさわあきこ】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様! 』 など。
●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから⇒http://plaza.rakuten.co.jp/nirasawaakiko/diary/

にらさわあきこ
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)、新しいつながり方を模索する男女のリアルな姿を描く「未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ」(ポプラ社)。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。幸せになりたい女性たちに向けたワークショップやセミナーなども定期開催している。 ●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから http://ameblo.jp/nirasawa-akiko
おにぎらずの本

巷で話題のおにぎらずを、料理研究家のオガワチエコさんが一冊にまとめました。




あなたにおすすめ