Job&Money

「だって安かったから」でお金をムダに使う人の特徴10

同じぐらいの稼ぎなのに、貯金がある人とない人は何が違うのか? たとえばショッピングをするときの流儀も、低貯金な人と高貯金な人でかなり違いがあるようだ。

浪費する人は「安い・お得・割引・今だけ」に弱い

 下の表は、年収700万円以上の35~45歳男性で、「貯金100万円以下の人=低貯金な人」と、「貯金600万円以上の人=高貯金な人」、各々500人に調査した結果を比較したもの。  貯金が少ない人は、「さほど高くないものをよく買う」比率がとても高い。低貯金な人の「コンビニで毎日のように1000円ぐらい買い物してます」(42歳・金融)という意見に対して、高貯金な人は「不必要なものまで買わないように、コンビニには買い物リスト持参」(35歳・教育)と対照的だ。 「だって安かったから」でお金をムダに使う人の特徴10 また、低貯金な人が10%以上高かった項目……「送料を無料にするために、特に必要のないものを買うことがある」、「『お得』につられて余計なものも買ってしまう」なども、“不要なものを買ってしまう”というマインドの表れだろう。 「割引クーポンで買い物すると節約した気になるんで大量に買う!」(低貯金・39歳・IT)など、節約のつもりで浪費してしまうことも。  貯蓄を増やしたいなら、「少額なら即決するが、1万円以上のものは必ず一晩どころか1週間考えて、冷静な脳みそで買うかどうか考える」(高貯金・38歳・広告)ぐらいの慎重さが必要かも。  一方で、「ネット通販で月に5回以上買い物をしている」という人は、高貯金と低貯金の人でほとんど同じ比率だった。  でも、低貯金な人が「仕事中の気分転換は、ZOZOTOWNでの物色。気に入った服は即ゲット!」(35歳・メーカー)と欲望のまま浪費しているのに対し、高貯金な人は「かさばる日用品はネットでまとめて一気買い。ガソリン代や電車賃が浮くので」(42歳・公務員)など、使う理由に違いがあるようだ。 ============ ●貯まらない人と貯まる人「買い方」の違い (数字はYESと答えた人の割合 低貯金な人/高貯金な人) ・さほど高くないものをよく買う。 低貯金の人 41%/高貯金の人17% ・「今買わないとなくなってしまう!」という焦りからつい買ってしまうことが多い 32%/16% ・安いから失敗してもいいやと思って買うことがある 43% /33% ・買ったけど使わないまま忘れていたものが部屋から出てくることがある 41%/27% ・送料を無料にするために、特に必要のないものを買うことがある 39% /22% ・「お得」につられて余計なものも買ってしまう 35%/25% ・試着は面倒なので、目測でアタリをつける 34%/21% ・お手頃なのに安っぽく見えない「掘り出し物」を探すのは苦手だ 32%/20% ・迷ったらとりあえず買う 24%/10% ・まだ使えるとしても、ちょっとへたってきたら買い替えることが多い 22%/13% ============== ※低貯金=年収700万円以上で、貯金額100万円以下/ 高貯金=収700万円以上で、貯金額600万円以上 年収700万円以上の35~45歳男性各500人に調査 ●ファイナンシャルプランナー・花輪陽子さんのアドバイス 低貯金な人は高貯金な人に比べて、圧倒的にズボラ度が高いですね。買ったまま忘れてしまったり、きちんと試着しなかったり……と、雑でいい加減。あれこれ買う割に、ひとつひとつを大事にしない傾向も見られます。  逆に、10万円以上する高額なものをじっくり吟味して選ぶのは苦手。手頃な値段のものをちょこちょこ買うのをやめ、本当に気に入ったものだけ厳選して購入するというのも、低貯金体質脱出トレーニングに役立ちそうです。 ―高収入でも低貯金な人の共通点【8】―
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ