チケットは即完売『劇場版プロレスキャノンボール』の凄さ【プロレス女子の手記3】<後編>

⇒【前編】はコチラ

 上映5日目、チケットは即完売だったがどうしても観ておきたかった。無理を言って立ち見で鑑賞させてもらった。舞台挨拶は、大家健と、大家のパートナー今成夢人。「プロレス観戦みたいに、盛り上がってください!」と言う大家。映画が始まると、ゲラゲラ手を叩いて笑い転げる人、思わぬレスラーの出演に歓声を上げる人、ラストが近づくにつれて聞こえてくるすすり泣き……。

大家健

大家健

 この映画はズルい。こんな映画を見せられたら、絶対にDDTを好きになってしまう。もしこの映画を観てDDTを好きにならない人がいたら、心揺さぶられない人がいたら、その人はホモ・サピエンスではないと思う。

 上映後、「大家コール」に包まれて、大家選手は泣いた。目を真っ赤にした大家選手に、楽屋で話を聞いた。


――プロレスキャノンボール、参加していかがでしたか?

つらくて、厳しかったです。元々、3チームしか出る予定ではなかったんです。僕らは出たいと頼んで出してもらいました。予算も自腹でしたし。最初からマイナスのスタートでした。

――DDT高木社長に、「面白くない」と叱咤されていましたね。

「点数を稼ぎにいくだけで、面白くない。全然、挑戦していないじゃないか」っていうことだったんです。みんなを驚かせるのが、プロレスラーの仕事なんです。想定外のことをしていかなきゃいけないんです。でも僕らは簡単につかまる友だちをつかまえて、点を稼ぎにいってしまった。

――そこから大家さんが変わっていって、最後は興行を任される……。

僕らが成長しなきゃいけない、というのを今成と話し合って、昔お世話になったレスラーの方々に会いに行きました。それでもなにか煮えきらなくて。そこへきて、「大船渡に行け」と言われて、1カ月、一人で宣伝活動をすることになりました。おそらく大船渡に行く前の自分の顔と、行った後の顔って、違うと思うんですよ。自信がついたというわけでもないんですけど、顔が変わるんですよね、充実した行動ができると。2日間、キャノンボールをやっている間は、「こうやっておけばいいんでしょ」という感じだったのが、大船渡での1カ月間は必死にやりました。完成した映画を観て、自分の顔が全然違うなと思ったんです。

――大船渡の興行にはどういう人たちが来たんでしょうか?

無料興行ということで、プロレスを観たことのない人たちにたくさん来てもらいました。顔がね、これも顔なんですけど。お客さんの顔がいいんですよ。初めてなのに応援してくれて。選手の名前なんて知らないはずなのに、飯伏コールしたりするんです、子供とかが。それが本当にうれしかったです。そういう力がプロレスにあるんだっていうことを、この映画は広められるんじゃないかな、と思いました。

 2月15日、「さいたまスーパーDDT2015」終了後、DDTファンの男性に会った。冒頭の、励ましのメッセージを送ってくれた人だ。DDTの魅力は、「目の前のことすべてを肯定できること」だと言う。

スーパー・ササダンゴ・マシンと桜庭和志

突然、ピタッと止まるスーパー・ササダンゴ・マシンと桜庭和志

 普通に考えたら、可笑しな話なのだ。この日、「スーパー・ササダンゴ・マシンVS桜庭和志戦」で、試合中、突然、2人の動きが止まった。そのときヴィジョンに流れた映像は、「ここまで2回、作戦通りの技を仕掛けた」「俺はいま戸惑っている」というスローモーション。“いま戸惑っている”感情を、事前に作っちゃっているのだ。観客はそれを肯定している。「肯定できるのは、DDTが優れたパフォーマンスを見せ続けているから」だと、DDTファンの男性が教えてくれた。

 炎上した記事の中で、「ヨシヒコは人形なのに戦っているかのように見える」と書いた。いまは人形だなんて思っていない。2月15日、ヨシヒコ選手にバレンタインチョコを差し入れした。ヨシヒコ選手にインタビューすることが、当面の夢だ。

<取材・文/尾崎ムギ子>

⇒【YouTube】『劇場版プロレスキャノンボール2014』予告 http://www.youtube.com/watch?v=NPn9BRcarig

●『劇場版プロレスキャノンボール2014』追加上映
http://liveviewing.jp/contents/ddt/
・2月28日(土)~3月6日(金) シネ・リーブル梅田(大阪府) ※3月1日(日)のみ舞台挨拶付【男色ディーノ選手】
・3月21日(土)~4月3日(金) シネ・リーブル池袋(東京都) ※3月21日(土)・28(土)・29(日)の3日間のみ舞台挨拶付
・4月11日(土)~13日(月) Tジョイ博多(福岡県) ※4月12日(日)のみ舞台挨拶付

尾崎ムギ子
体当たり系取材を得意とする赤毛の汗かきライター。東京生まれブルーハーツ育ち。ロックな奴はだいたい友達




あなたにおすすめ